放射線技術学スキルUPシリーズ 標準 ディジタルX線画像計測

ディジタルX線画像に関わるすべての診療放射線技師に必携の書

このような方におすすめ

○診療放射線技師
○診療放射線技師養成校の大学・短大・専門学校生
  • 著者日本放射線技術学会 監修/金沢大学 市川 勝弘 広島国際大学 石田 隆行 共編
  • 定価5,500 (本体5,000 円+税)
  • B5 296頁発行
  • ISBN978-4-274-20932-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 ディジタルX線画像技術の高度化により、その画質を評価したり、高めたりするうえで計測技術は重要である。

 ある程度経験を積んだ診療放射線技師にとって、それらを詳細に解説した書籍があれば、難解な英語論文を読み解くことなく技術を習得できることから、そのような書籍の要望が多い。

 そこで、本書は臨床現場で実施しうる計測技術と、その技術に焦点を絞った基礎から臨床応用にいたる理論と実践を、図表を多数用いて解説している。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274209321/
第1章 アナログシステムとディジタルラジオグラフィシステム
第2章 入出力特性
第3章 解像特性
第4章 ノイズ特性
第5章 DQE
第6章 DRの画像処理
第7章 ディスプレイの画質評価