列車制御 ―安全・高密度運転を支える技術―

いかにして列車運転、運行は制御されているのか。ついに全貌が明らかに!

このような方におすすめ

○電気鉄道で、信号・保安システムなどにかかわる業務にたずさわる技術者
○鉄道ファン
  • 著者中村 英夫 著
  • 定価2,420 (本体2,200 円+税)
  • A5 192頁 2011/02発行
  • ISBN978-4-274-20992-5
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書の著者は、代表的な列車制御技術であるATS-P形、電子連動装置、ATS-SPシステムなどの開発に携わった斯界の第一人者である。列車制御の技術変遷と携わる人とのかかわりの変化、実用化目前の新しい列車制御システムなどを紹介し、明日の鉄道を展望する。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274209925/
第1章	列車を動かすしくみ
第2章 駅構内の安全な運転を保障する
第3章 駅長さんが手渡していた安全の手形
第4章 追突の防止を支える簡単な約束と守るしくみ
第5章 線路から信号が姿を消す日
第6章 鉄道の安全を裏付ける技術と国際規格の流れ
第7章 明日の社会を元気にする鉄道をめざして