お天気ニュースの読み方・使い方

付属CD-ROMには天気図動画を収録した、見て・読んで・楽しむ、まったく新しいお天気の本

このような方におすすめ

○気象に興味のある一般の方
○気象予報士試験受験者,など
  • 著者元気象庁長官 新田 尚 監修/元気象庁 饒村 曜 著
  • 定価2,592 (本体2,400 円+税)
  • B5 184頁 2012/02発行
  • ISBN978-4-274-21148-5
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 一般の方にとって最も身近と思われるテレビ・インターネットのお天気ニュース画像を活用し、それらをベースに日本周辺の天気や気象現象についてまとめる書籍です。

 解説文は、現象の説明や予報の解説だけでなく、お天気ニュース画像の背景にある基本的な事柄についても、わかりやすく記述してあります。

 付属CD-ROMには、動画を収録したPDFファイルが入っており、動画(アニメーション)を見ながら、日本周辺の特徴的な天気を学べます。

 お天気に興味がある一般の方はもちろんのこと、気象予報士試験の受験を考え始めた方、これから勉強を始める方にも興味を持って読める内容になっています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274211485/
第1章 生活と密接な天気予報
 1.1 テレビの天気予報番組ができるまで
 1.2 テレビでよく使われる気象観測の三種の神器と高層気象観測
 1.3 数値予報
第2章 四季の気象
 2.1 冬の気象
 2.2 春の気象
 2.3 夏の気象
 2.4 秋の気象
第3章 減災に向けて
 3.1 大雨災害を防ごう
 3.2 台風に備えて
 3.3 特殊積乱雲
 3.4 地球温暖化
第4章 天気予報をやってみよう
 4.1 お天気動画の作り方
 4.2 自分のための天気予報と気象庁発表の天気予報の比較
 4.3 海・山のレジャーでの注意点