丙種ガス主任技術者試験 精選問題集

この1冊で試験の傾向把握と対策は完璧!

このような方におすすめ

○丙種ガス主任技術者試験 受験者
  • 著者EIT研究所 三好 康彦 著
  • 定価2,808 (本体2,600 円+税)
  • A5 256頁 2012/06発行
  • ISBN978-4-274-21228-4
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、『丙種』ガス主任技術者試験の受験対策問題集です。

 丙種ガス主任技術者試験は、択一形式の法令が16問、基礎が15問中10問選択、ガス技術が27問中20問選択、論述形式の法令が1問、ガス技術が3問中1問の選択式です。とくに基礎とガス技術は選択式のため、試験の傾向(頻出問題)を把握しておくことで、効率的な試験対策が可能になります。

 本書は、平成19〜23年の5年分の過去問題を、出題分野に沿って整理・分類しました。各選択肢には詳しい解説、論述問題には解答例をつけてあるため、この1冊で試験の傾向の把握と対策が行える構成になっています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274212284/
第1章 法 令
第2章 基 礎
第3章 ガス技術
 3.1 製 造
 3.2 供 給
 3.3 消 費
第4章 論述
 4.1 法 令
 4.2 ガス技術 製 造
 4.3 ガス技術 供 給
 4.4 ガス技術 消 費
第1章 法 令
1.1 定義
1.2 使用前自主検査
1.3 ガス工作物の維持及びその他
1.4 保安規定
1.5 ガス主任技術者
1.6 技術基準
 1.6.1 特定製造所関係
 1.6.2 気化装置の構造
 1.6.3 液化ガス用貯槽
 1.6.4 特定ガス発生設備
 1.6.5 ガス栓
 1.6.6 本支管(導管)関係
 1.6.7 耐圧試験・気密試験
 1.6.8 整圧器
 1.6.9 安全装置(遮断機能付きガスメーター)
 1.6.10 その他(溶接,材料など)
1.7 特定ガス用品
1.8 消費機器に関する周知及び調査
1.9 消費機器の技術上の基準
1.10 特定ガス消費機器の設置工事の監督に関する法律

第2章 基 礎
2.1 原子(量)・分子(量)
2.2 化学計算
2.3 圧力関係
2.4 熱・温度
2.5 管内流速・流動・伝熱
2.6 理想気体
2.7 ガス(液)比重
2.8 ガス(液)の性状
2.9 蒸気圧
2.10 燃焼及び燃焼計算
2.11 ガスの付臭

第3章 ガス技術

3.1 製造
 3.1.1 LPガス及びその他のガス
 3.1.2 ガス発生設備の製造能力算定等
 3.1.3 ガス発生方式
  (1) 自然方式
  (2) 自然・強制気化方式
 3.1.4 特定製造所の設置及び構造
 3.1.5 集合装置
 3.1.6 特定ガス発生設備
  (1) ボンベ・ボンベハウス
  (2) バルク貯槽
  (3) 貯槽付属設備関係
  (4) ロータリから貯槽への受入れ
  (5) 調整装置
 3.1.7 維持管理
  (1) 特定ガス工作物等
  (2) 特定ガス発生設備
 3.1.8 保安・安全関係

3.2 供給
 3.2.1 ガス供給方式及び導管の区分
 3.2.2 ガス流量
 3.2.3 ガスの供給計画
 3.2.4 ガスメーターの設置場所
 3.2.5 マイコンメーター
 3.2.6 整圧器
 3.2.7 ガス栓とガス機器
 3.2.8 導管の設計・施行等
 3.2.9 腐食
 3.2.10 導管の維持管理
 3.2.11 他工事対策
 3.2.12 ガス事故対応
 3.2.13 漏えい検知用具及び計器類

3.3 消費
 3.3.1 ガスの燃焼・燃焼用空気
 3.3.2 熱効率
 3.3.3 ガスの消費速度
 3.3.4 ガスの発熱量
 3.3.5 伝熱
 3.3.6 ガス機器
 3.3.7 潜熱回収型ガス給湯器
 3.3.8 業務用ガス厨房機器
 3.3.9 ガスエンジンヒートポンプ
 3.3.10 家庭用ガス機器
 3.3.11 (家庭用)ガス機器の安全装置
 3.3.12 ガス機器の給排気・換気方式
 3.3.13 ガス漏れ警報器・不完全燃焼警報器
 3.3.14 LPガス燃料電池
 3.3.15 ヒートポンプ

第4章 論 述
 4.1 法 令
 4.2 ガス技術 製 造
 4.3 ガス技術 供 給
 4.4 ガス技術 消 費