POSER Figure Magic −理想のフィギュア作成への道−

フィギュアをより理想に近づけるコツを網羅

このような方におすすめ

Poserのホビーユーザー、およびビジネスユーザー(ペイントソフトの知識はある程度必要)。
  • 著者大河原浩一 著
  • 定価4,104 (本体3,800 円+税)
  • B5変 256頁 2005/08発行
  • ISBN978-4-274-06612-2
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

3Dキャラクタデザイン & アニメーションツールであるPOSERの操作解説本第2弾。2004年2月に発行された『POSER Figure Studio』の姉妹編として、より応用的な操作を中心として詳細に解説した書籍。フィギュアのヘアメイクや衣装の作成、効果的なシーンを作るカメラワークなど、より魅力的な作品を作るためのノウハウを提供している。POSER 6にも対応。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274066122/
■序章 Poser操作の基本とコツ

■ フィギュア編 ■
■1章 オリジナルフィギュアの制作
■2章 市販のフィギュアを使用する
■3章 メイキャップ&ヘアー
■4章 ライブラリにない衣装を着せる

■ フィニッシュワーク編 ■
■5章 シーンメイキング(1)舞台設計のコツ
■6章 シーンメイキング(2)効果的な構図の設定

■付録 POSER 6の機能概要
■序章 Poser操作の基本とコツ
基本操作の流れ
 フィギュアを配置する
 フィギュアに衣服を着せる
 フィギュアの髪型を設定する
 ライティングを調整する
 レンダリングを行う
Poserをより深く使うためのツール群
ライブラリの管理
効率のよいポーズのつけ方
 フィギュアそのものを動かすには
 フィギュアの姿勢を正すには
 腕を動かすと体が動いてしまうことを解消するには
フィギュアを日本人に近づけるには

■ フィギュア編 ■
■1章 オリジナルフィギュアの制作
1-1 フェイスルームで女性の顔を作成する
 1-1-1 顔の輪郭を修正する
 1-1-2 顔のパーツを修正する
1-2 フェイスルームで男性の顔を作成する
 1-2-1 顔の輪郭を修正する
 1-2-2 顔のパーツを修正する
1-3 外部アプリケーションによる修正
 1-3-1 フィギュアを書き出す
 1-3-2 Metasequoiaで修正を施す
 1-3-3 修正したパーツをPoserに読み込む
1-4 オリジナルフィギュアをPoserに読み込む
 1-4-1 フィギュアの階層構造の確認
 1-4-2 Metasequoiaでフィギュアを作成する
 1-4-3 フィギュアのセットアップ
 1-4-4 フィギュアにモーフターゲットを設定する

■2章 市販のフィギュアを使用する
2-1 フィギュアの入手とインストール
 2-1-1 コンテンツルームからダウンロードを行う
2-2 入手したフィギュアの活用
 2-2-1 フィギュアデータのインストール
 2-2-2 Victoriaの構造
 2-2-3 !MAT V3を使ったマテリアルの設定
 2-2-4 ポーズを調整する

■3章 メイキャップ&ヘアー
3-1 ヘッドテクスチャの構造
 3-1-1 テクスチャのテンプレート
 3-1-2 瞳の色を変える
 3-1-3 顔のメイクを変えてみる
3-2 さまざまなメイキャップ・テクニック
 3-2-1 まつげに変化をつける
 3-2-2 立体感のあるメイキャップ
 3-2-3 目の周囲のメイキャップ
3-3 ヘアースタイリングの基本
 3-3-1 頭皮をグルーピングする
 3-3-2 グループごとに髪の毛を設定する
3-4 さまざまなヘアースタイルの作成
 3-4-1 ボーイッシュな感じの髪型
 3-4-2 たてにウェーブのある長髪の髪型
 3-4-3 カールを使った髪型
 3-4-4 男性の短髪

■4章 ライブラリにない衣装を着せる
4-1 オリジナルの衣服や小物を作成する
 4-1-1 Metasequoiaで衣服を作成する
 4-1-2 アクセサリーを作成する
4-2 オリジナルの衣服をPoserで利用する
 4-2-1 衣服のオブジェクトを読み込む
 4-2-2 衣服をフィギュアに着用させる
 4-2-3 衣服を体の変形に合わせる(クロスシミュレーション)
 4-2-4 衣服を仕上げる

■ フィニッシュワーク編 ■
■5章 シーンメイキング(1)舞台設計のコツ
5-1 室内シーンを作成する
 5-1-1 シーンで使用するオブジェクトをPoserに読み込む
 5-1-2 読み込んだ部屋のオブジェクトにマテリアルを設定する
 5-1-3 舞台をレンダリングしやすいように改造する
 5-1-4 シーンで使用するキャラクタを用意する
 5-1-5 シーンにフィギュアを読み込む
5-2 屋外シーンを作成する
 5-2-1 屋外のシーンを用意する
 5-2-2 シーンにフィギュアを追加する
 5-2-3 シーンに背景用の天球を配置する
5-3 画像の背景にフィギュアを配置する
 5-3-1 背景用に用意した画像を使用する
 5-3-2 シーンにフィギュアを追加する

■6章 シーンメイキング(2)効果的な構図の設定
6-1 照明の基本と設定方法
 6-1-1 ライトコントロールによる操作
 6-1-2 [パラメータ/特性]パレットを使ったライトの調整
6-2 IBLを使用したライティング
 6-2-1 照明モデルを作成する
6-3 Poserのカメラワーク
 6-3-1 カメラの基本操作
 6-3-2 基本的な構図の取り方
 6-3-3 レンズ口径による構図の違い
6-4 ペイントソフトを使った画像加工
 6-4-1 背景を後から加える
 6-4-2 部分的にピントを外す
 6-4-3 画像全体をグローさせて光らせる
 6-4-4 霧の効果を作成する

■付録 Poser 6の機能概要
インターフェイス
Poser 6の新機能
 ポーズルーム
 マテリアルルーム
 レンダリング
新しくなったフィギュアたち

Index