Excelで実践 仕事に役立つ統計解析

Excelでさまざまなデータ分析が簡単にできる!

このような方におすすめ

データ解析に興味関心があるビジネスマン
解析の仕方および結果の活用法を知りたいビジネスマン
エスミのソフトの導入検討者
  • 著者菅 民郎 福島隆司 共著
  • 定価3,080 (本体2,800 円+税)
  • A5 212頁 2008/10発行
  • ISBN978-4-274-06734-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 業務に携わる人に役立つ、Excelを使ったデータ分析書。ビジネス向けの事例を中心に、統計解析の適用例およびExcel上での実際の解析の仕方を解説。統計解析の概要を学び、仕事に使いたい方向けのもの。CD-ROMにはExcel単独では実行できない解析用のアドインを収録した。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274067341/
第1章 統計解析の概要
第2章 一変量解析
第3章 二変量解析
第4章 多変量解析
付録 
はじめに
第1章 統計解析の概要
1-1 統計解析とは
1-2 変数とは
1-3 データの要約
(1)数値的な要約
(2)視覚的な要約
1-4 データの分類
1-5 統計手法の分類
1-6 データの準備
第2章 一変量解析
2-1 一変量解析とは
2-2 一変量解析でわかること
2-3 一変量解析の例題
2-4 一変量解析の手順
2-5 一変量解析の実際
2-5-1 数量データの一変量解析
 代表値、散布度、尖度と歪度を計算する
 ヒストグラムを作成する
 データを偏差値に変換
2-5-2 カテゴリデータの一変量解析
 度数分布表を作成する
 円グラフや棒グラフを作成する
第3章 二変量解析
3-1 二変量解析とは
3-2 二変量解析でわかること
3-3 二変量解析の手順
3-4 二変量解析の例題
3-4-1 組合せ:数量×カテゴリ
(1)数値的な分析―カテゴリ別平均値、相関比
(2)視覚的な分析―棒グラフ・折れ線グラフ
3-4-2 組合せ:カテゴリ×カテゴリ
(1)数値的な分析―クロス集計表条件付割合、リスク比
(2)視覚的な分析―帯グラフ、棒グラフ
3-4-3 組合せ:数量×数量
(1)数値的な分析―相関係数
(2)視覚的な分析―散布図
3-5 回帰分析
3-5-1 数量データから数量データを予測説明する方法
3-5-2 カテゴリデータから数量データを予測説明する方法
第4章 多変量解析
4-1 多変量解析とは
4-2 重回帰分析
4-2-1 重回帰分析でわかること
4-2-2 重回帰分析の例題
4-2-3 重回帰分析とは
4-2-4 重回帰分析の手順
4-2-5 重回帰分析の実際
 変数の選択
 ソフトで分析を実行
 予測の精度を検証
 重回帰式を解釈
4-2-6 補 足
4-3 判別分析
4-3-1 判別分析でわかること
4-3-2 判別分析の例題
4-3-3 判別分析とは
4-3-4 判別分析の手順
4-3-5 判別分析の実際
 変数の選択
 ソフトで分析を実行
 予測の精度を検証
 判別式の解釈
4-3-6 補 足
4-4 主成分分析
4-4-1 主成分分析でわかること
4-4-2 主成分分析の例題
4-4-3 主成分分析とは
4-4-4 主成分分析の手順
4-4-5 主成分分析の実際
 変数を選択―変数の特性を考慮する
 ソフトで分析を実行する
 分析の精度を検証
 変数の関係を分析する
 サンプルの特徴を分析する
4-4-6 補 足
4-5 因子分析
4-5-1 因子分析でわかること
4-5-2 因子分析の例題
4-5-3 因子分析とは
4-5-4 因子分析の手順
4-5-5 因子分析の実際
 因子の数を決める
 ソフトで分析を実行
 因子の内容の考察
4-5-6 補 足
付 録
A-1 添付ソフトの使用前の準備(Excel 2007 の場合
A-2 添付プログラムの動作方法(Excel 2007 の場合)
A-3 Excel データ分析の組み込み
A-3-1 準 備
A-3-2 [データ分析]を有効にする
A-3-3 Excel 分析ツールの組み込み(Excel 2003 以前の場合)
A-3-4 データ分析をインストールする
索 引