宇宙エレベーター −宇宙旅行を可能にする新技術−

宇宙エレベーターとは何か、いつどのように実現できるものなのか?

このような方におすすめ

・宇宙エレベーターについて知的興味を持つ人一般。
・宇宙エレベーター分野のビジネス的な影響などを知りたいビジネスマン(新事業開発、調査、マーケティングなど知的な蓄積が重要とされる部門)
・宇宙エレベーターの技術分野の概要を知りたい(その分野以外が専門の)技術者
  • 著者石川 憲二 著
  • 定価1,728 (本体1,600 円+税)
  • 四六 200頁 2010/02発行
  • ISBN978-4-274-06792-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 アーサー・C・クラークのSF小説「楽園の泉」や、ガンダム(機動戦士ガンダム00、∀ガンダム)などに登場する宇宙エレベーター(軌道エレベーター)は、SFの中だけの夢物語だと思われてきた。しかし、ここ10年ほどの急激な素材革命によって、技術的には実現の可能性が見え始めており、早ければ20〜30年後くらいには実用化される可能性もある。

 この本では、宇宙エレベーター全般について紹介していく。技術的なトピックだけには留まらず、達成するために解決しなくてはならない社会・制度上の障壁、建築された場合の社会・産業上のインパクトなどについても紹介する。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274067921/
プロローグ 技術の進歩はいつも新しい時代をつくってきた
第1章 宇宙へ昇っていくエレベーター
第2章 宇宙エレベーター実現の鍵を握る素材技術
第3章 宇宙エレベーターというシステムを完成させる技術
第4章 身近な宇宙旅行、そして月や火星に
第5章 次世代宇宙インフラが変える私たちの生活
エピローグ 宇宙エレベーターをつくるのは誰か
はじめに

プロローグ 技術の進歩はいつも新しい時代をつくってきた

第1章 宇宙へ昇っていくエレベーター
 なぜ宇宙エレベーターは落ちてこない?
 100年以上前からあった宇宙エレベーターの発想
 宇宙エレベーターが注目される理由1、もっと安く!
 宇宙エレベーターが注目される理由2、もっと多く!
 宇宙エレベーターが注目される理由3、もっと遠くへ!
 COLUMN:空中に浮いた宇宙エレベーター「スカイフック」

第2章 宇宙エレベーター実現の鍵を握る素材技術
 ケーブルに求められる強度とは?
 炭素が示した新たな可能性
 素材革命は「サッカーボール」から始まった
 目次「球」じゃなくて「棒」だったらどうなる
 カーボンナノチューブは本当に長くできるのか?
 COLUMN:カーボンナノチューブが最強である科学的な理由
 「テーパーをかける」という奥の手もある

第3章 宇宙エレベーターというシステムを完成させる技術
 ステーションのエネルギーと軌道制御システム
 クルーザーを動かすエネルギー&運行システム
 けっこうやっかいな「下り」の運行システム
 COLUMN:地上のエレベーターと同じ運行システムも考えられる?
 有人施設の室内環境を整える生命維持システム
 いちばんやっかいな放射線被曝対策
 ケーブル切断事故に備えた安全システム構築は可能か?
 実際、ケーブルが切れたらどうなるのだろう
 COLUMN:ケーブルをアース・ポートに固定する必要はあるのか?
 宇宙エレベーターを守るさまざまな防衛システム
 結局、どこに、いつ、誰がつくるのか?
 COLUMN:ロケットによる民間輸送事業は本当に可能か?

第4章 身近な宇宙旅行、そして月や火星に
 最初の宇宙ツアーは1週間の日帰りで
 COLUMN:どうしても無重力を体験したい観光客のために
 「静止軌道までちょっと出張」という時代は来るのか?
 高度10万キロ、そして「深く、宇宙へ」

第5章 次世代宇宙インフラが変える私たちの生活
 困難な手術を可能にする宇宙病院
 画期的な新素材が期待できる無重力・高真空の宇宙工場
 自然エネルギー利用の究極の形「宇宙太陽光発電」
 人工衛星時代の終わり?
 人工衛星の代わりはもっと低い空で

エピローグ 宇宙エレベーターをつくるのは誰か
参考資料
索引