有限要素法解析ソフト ANSYS工学解析入門(第2版)

モノづくりを支える最先端のデジタルエンジニアリング パソコンで解く●理論を学ぶ●実験結果と比較する

このような方におすすめ


        
  • 著者CAD/CAE研究会 編
  • 定価3,300 (本体3,000 円+税)
  • B5 256頁 2005/04発行
  • ISBN978-4-274-06933-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

本書は,汎用有限要素法解析ソフトウェア「ANSYS」を使った工学解析の実際を,ソフトの使い方を含め,わかりやすく解説したものです。構造・モード(振動)・磁場・連成解析など,「ANSYS」の持つ多種,多機能という特性を1冊にまとめ,初めての人でも容易に習得できるよう図説してあります。大学・高専の教科書として,また技術者の操作マニュアルとして好適です。

※本書籍は、理工学社から発行されていた『有限要素法解析ソフト ANSYS工学解析入門 第2版』(ISBN978-4-8445-2155-6)を、オーム社から再発行するものです。オーム社からの再発行にあたっては、理工学社の版数、刷数を継承して書籍に記載しています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274069338/
1編 工学解析と有限要素法
 1章 設計と工学解析(工業製品の設計業務 設計と工学解析)
 2章 有限要素法の基礎(重み付き残差法 レイリー - リッツ法 有限要素法)
 3章 有限要素法による工学解析(構造物の弾性解析における有限要素式 他)

2編 ANSYSによる解析の実際(ANSYSの機能と特徴 使用にあたって FAQ)
 1章 構造解析 - はりのたわみ解析(片持ちばり・両端支持ばり)
 2章 構造解析 - はりのモード解析(片持ちばり)
 3章 流体解析(ディフューザ流れ・ポケット流れ)
 4章 伝熱解析(段付き棒表面の温度分布)
 5章 磁場解析(軸対象非線形モデルの静的磁場)
 6章 連成解析(段付き棒)
 7章 事例集