日本のコンピュータ発達史

わが国のコンピュータと情報技術発達の正史

このような方におすすめ

コンピュータ技術・産業史に関心を持つ一般の方
情報科学・処理・技術関連の教官・学生およびメーカの管理者・技術者
歴史、特に技術史、産業史関連の研究者・教官
  • 著者情報処理学会歴史特別委員会 編
  • 定価7,150 (本体6,500 円+税)
  • A5 364頁 1998/06発行
  • ISBN978-4-274-07864-4
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 情報処理学会では1960年頃までのわが国のコンピュータの歴史を「日本のコンピュータの歴史」としてまとめ、出版した。本書は1960年以降1980年頃まで約20年間のわが国の計算機技術と情報産業の変遷を、公式にまとめたものである。

 当時関わった人達の体験をベースとした解説は読み物としてもおもしろく、記録としても貴重なものである。また、1960年以前と1980年以降の概略も触れ、通史として読める。

 1960年以前をまとめた「日本のコンピュータの歴史」をCD-ROMに収録して添付。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274078644/
1部 序論
はじめに
1 コンピュータの誕生とコンピュータメーカの出現
2 海外でのコンピュータ産業の進展
3 日本でのコンピュータの始まり
4 日本でのコンピュータ産業の誕生

2部 日本でのコンピュータ技術の進展
はじめに
1 論理素子、メモリ素子
2 汎用大型機のアーキテクチャと本体構成方式
3 入出力装置
4 補助記憶装置
5 通信制御とネットワークアーキテクチャ
6 日本におけるOSの開発
7 ソフトウェアエンジニアリングの歴史
8 ミニコンピュータの登場とオフィスコンピュータ
9 システム構成
10 漢字・日本語処理技術の進展
11 関連学会の発展

3部 日本のコンピュータ産業の進展
はじめに
1 技術提携
2 通産省の保護政策と自由化対策
3 電電公社とコンピュータ開発
4 コンピュータメーカの業績の進展
5 ユーザの動向
6 特徴あるコンピュータ応用
7 システムハウスとソフトウェアハウス
8 標準化と日本の情報産業

あとがき・・・その後の進展
参考文献
年表・年譜
1部 序論
はじめに
1 コンピュータの誕生とコンピュータメーカの出現
2 海外でのコンピュータ産業の進展
3 日本でのコンピュータの始まり
4 日本でのコンピュータ産業の誕生

2部 日本でのコンピュータ技術の進展
はじめに
1 論理素子、メモリ素子
2 汎用大型機のアーキテクチャと本体構成方式
3 入出力装置
4 補助記憶装置
5 通信制御とネットワークアーキテクチャ
6 日本におけるOSの開発
7 ソフトウェアエンジニアリングの歴史
8 ミニコンピュータの登場とオフィスコンピュータ
9 システム構成
10 漢字・日本語処理技術の進展
11 関連学会の発展

3部 日本のコンピュータ産業の進展
はじめに
1 技術提携
2 通産省の保護政策と自由化対策
3 電電公社とコンピュータ開発
4 コンピュータメーカの業績の進展
5 ユーザの動向
5.1 大学の計算センタ
5.2 企業の情報化
5.3 官公庁・自治体の情報化
5.4 公衆通信網によるNTTのサービス
6 特徴あるコンピュータ応用
6.1 鉄鋼プロセス制御システム
6.2 座席予約システム
6.3 銀行システム
6.4 証券取引システム
6.5 医療情報システム
6.6 社会保険システム
6.7 CAD/CAMシステム
7 システムハウスとソフトウェアハウス
7.1 システムハウスの台頭
7.2 ソフトウェアハウスの台頭
8 標準化と日本の情報産業

あとがき・・・その後の進展
参考文献
年表・年譜