はじめて学ぶ 熱力学

熱力学の基礎を身近な機械や装置と関連させて楽しく平易に解説

このような方におすすめ

大学および高専の学生
  • 著者明星大学 齋藤 孝基 濱口 和洋 海上技術安全研究所 平田 宏一 共著
  • 定価3,080 (本体2,800 円+税)
  • A5 244頁 2002/03発行
  • ISBN978-4-274-08725-7
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 熱力学は機械工学のなかでも必須の力学であるが、苦手な学生が多い。本書は実際の機械や装置がいかに熱力学の知識を必要としかつ設計されているかを重視して、なるべく抽象的な概念を避け解説した。難解な部分はPLUS 1として囲み記事を設置し、数式の展開は例題と演習問題を豊富に設けて自信が深められるよう配慮した。近年重視されている。環境問題についても熱力学の立場から解説した。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274087257/
1 熱機器と熱力学
2 熱エネルギー利用
3 熱エネルギーと仕事
4 エネルギーの状態変化
5 理想気体の状態変化
6 エンジンのサイクル
7 熱エネルギーの運動エネルギーへの変換
8 蒸気の状態変化
9 蒸気サイクル
10 冷凍とヒートポンプサイクル
11 空気調和
12 エネルギーと環境