劇場工学と舞台機構

劇場工学・舞台機構を体系化!

このような方におすすめ

・劇場やホールなどの各種建築施設の設計等に関わる技術者の方々
・建築系学生、研究者
・建築史に関心をもつ方
  • 著者小川 俊朗 著
  • 定価5,500 (本体5,000 円+税)
  • A4 270頁 2000/04発行
  • ISBN978-4-274-10253-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 劇場の建築設計や舞台機構など、劇場工学全般にわたって、その歴史から最新テクノロジーまでを体系的にまとめた。

 近年全国各地で建設が進められている各種ホール等の建設に関わる技術者の方々のための実務参考書としても、あるいは、建築史の一分野を網羅的に記述した研究書としても、充実した一冊である。

 世界的に有名な劇場建築や舞台機構を、図や写真を参照しつつ具体的に解説している。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274102530/
1.序論:劇場考察
2.舞台機構のはじまり
3.舞台平面の設計
4.舞台の空間設計
5.プロセアム周辺の設計
6.座席変換設計
7.電気と舞台機構
8.舞台機構油圧駆動装置
9.舞台機構の操作