土壌・地下水汚染のための 地質調査実務の知識

地質調査の実務が体系的に理解できる!

このような方におすすめ

地質調査技士(土壌・地下水汚染対策部門)
地盤調査や地質調査に携わる実務技術者
各種調査報告書の作成にかかわる実務者,管理者
  • 著者社団法人 全国地質調査業協会連合会 編
  • 定価3,850 (本体3,500 円+税)
  • B5 230頁 2004/02発行
  • ISBN978-4-274-10346-9
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 土壌・地下水汚染対策などの環境技術面や不動産取引などに関連する経済社会的側面からも、地質調査の重要性が再認識されている。

 本書は、これからの「地質調査」に着目し、土壌・地下水汚染問題の歴史から説きおこし、汚染物質の基礎知識、実際の土壌・地下水汚染調査の進め方、各種調査技術、更に、修復工事の基礎知識までを体系化し、実務に役立つように具体例に基づきわかりやすく解説している。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274103469/
第1章 	土壌・地下水汚染問題の歴史と現状
第2章  土壌・地下水汚染に係る法規
第3章  汚染物質に関する基礎知識
第4章  作業の安全確保と周辺環境への安全配慮
第5章  土壌・地下水汚染調査の進め方
第6章  土壌・地下水汚染の調査技術
第7章  土壌・地下水汚染の修復工事の基礎知識