はじめての化学実験

基礎的な実験から応用実験まで図を豊富に使い系統的にわかりやすく解説。

このような方におすすめ

・高校,専門学校,短大,大学で化学実験を始める学生,先生
.試験,研究所の新人およびその指導者
  • 著者大妻女子大学 西山隆造 二葉栄養専門学校 安楽豊満 共著 
  • 定価2,420 (本体2,200 円+税)
  • A5 208頁 2000/05発行
  • ISBN978-4-274-12001-5
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 高校、専門学校、短大、大学における化学実験の基本を習得するための入門書。実験操作に重点をおき、身近で基礎的な実験から系統的に順を追って応用実験まで、図を豊富に使いわかりやすく解説。

 なお、本企画は、現在19刷を数えている「図解 初めて化学の実験をする人のために」を全面的に見直した内容をベースに構成されている。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274120015/
序章 実験を行なうに当たっての諸注意
1章 これだけは知っておきたい実験の基本操作
2章 試薬の使い方・溶液のつくり方
3章 簡単な無機の定性実験
4章 簡単な有機の定性実験
5章 イオン交換樹脂を用いた実験
6章 ペーパークロマトグラフィーの実験
7章 pHの測定
8章 比色分析の実験
9章 容量分析の実験
10章 定量分析の実験
11章 身近な環境の実験 
付録