Cによる数値計算法

数値計算法の手順、方法の発想について平易に解説

このような方におすすめ

理工系大学、専門学校の学生
企業内教育用のテキスト・副読本として
  • 著者上智大学 鈴木 誠道 成蹊大学 飯田 善久 上智大学 石塚 陽 共著4-274-13079-7
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • A5発行
  • ISBN160
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 電気、情報、機械、応用物理、建築、土木学科など、理工系学部2〜4年生を対象に、数値計算法の入門的テキストとしてまとめたもの。したがって、各方程式の解法と数値計算のアルゴリズムを示すだけでなく、方法の発想、コンピュータの利用によって生ずる計算の手間や誤差などにもふれ、随所にプログラム例を入れた。

 また、言語は理工系学科のコンピュータ教育の状況や社会の環境を踏まえてCを採用した。

1997/01
1章 数値計算法とその特徴
2章 非線形方程式の数値解法
3章 連立1次方程式の数値解法
4章 行列の固有値問題
5章 補間多項式と数値積分
6章 常微分方程式の数値解法
1章 数値計算法とその特徴
1 数値計算の必要性
2 数値計算の特徴
3 数の表現
4 数値計算と誤差
演習問題
2章 非線形方程式の数値解法
1 点列の収束の速さ
2 2分割法
3 縮小写像の方法
4 ニュートン法
5 セカント法
6 代数方程式の解法
7 ベアストーの方法
演習問題
3章 連立1次方程式の数値解法
1 連立1次方程式に関する基本事項
2 ガウスの消去法
3 LU分解法
4 反復法
演習問題
4章 行列の固有値問題
1 固有値問題とは
2 べき乗法
3 相似変換による固有値問題の解法
4 ヤコビ法
5 QR分解による方法
演習問題
5章 補間多項式と数値積分
1 ラグランジュ補間
2 エルミート補間
3 数値積分法
演習問題
6章 常微分方程式の数値解法
1 微分方程式に関する基本事項
2 1段階法
3 多段階法
4 連立微分方程式と高階微分方程式
演習問題
演習問題略解
参考文献
索引