新世代工学シリーズ 光・電磁波工学

基礎から応用までを図解を用いてわかりやすく解説

このような方におすすめ

大学の電気電子,情報通信に関連する学部学科のテキスト
初級の関連技術者
  • 著者大阪大学 西原 浩 編著
  • 定価3,080 (本体2,800 円+税)
  • B5 182頁 2000/08発行
  • ISBN978-4-274-13209-4
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 セメスタ制に対応し、わかりやすくまとめた教科書シリーズの一巻。

 共に波動としての性質を持つ光と電磁波について、その伝搬の仕方や干渉・回折といった波動の示す性質から、それらの応用技術である光ファイバやアンテナに関するまで、基本的なポイントを的確におさえ工夫された図表で大学学部生向けに解説。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274132094/
1章 光と電磁波との関係
2章 電磁波が持っている基本的な性質
3章 空間や媒質を伝わる電磁波
4章 電磁波による干渉と回折
5章 電波の伝送路
6章 光の伝送路
7章 電波の放射とアンテナ
1章 光と電磁波との関係
1.1 電磁波を分類する
1.2 電磁波を発生させるには
1.3 電磁波応用システム
1.4本書の学び方
2章 電磁波が持っている基本的な性質
2.1 電磁波の振る舞いを表すマクスウェル方程式
2.2 電磁波の発見に関わった波動方程式
2.3 横波が基本
2.4 電界・磁界の振動方向の偏り(偏波,偏光)
2.5 電磁波によって運ばれるエネルギー
演習問題
3章 空間や媒質を伝わる電磁波
3.1 座標系によって電磁波を分類する
3.2 境界面において起こる反射と透過
3.3 光はどのように空間を伝わるか
3.4 電波はどのように空間を伝わるか
演習問題
4章 電磁波による干渉と回折
4.1 二つの波によって干渉は起こる
4.2 単層膜による干渉
4.3 コヒーレンスが重要
4.4 回折
4.5 簡単な回折パターン
4.6 実際に見られる例
演習問題
5章 電波の伝送路
5.1 電波は伝送路をどのように伝わるか
5.2 平行平板導波路
5.3 導波管とストリップ線路
5.4 伝送路の分布定数回路表示
5.5 マイクロ波回路素子
5.6 マイクロ波の応用システム
演習問題
6章 光の伝送路
6.1 光はどのように光導波路を伝わるか
6.2 光はどのように光ファイバを伝わるか
6.3 いろいろな光素子
6.4 光ファイバの応用システム
演習問題
7章 電波の放射とアンテナ
7.1 電波はどのように放射されるか
7.2 アンテナの基本パラメータ
7.3 いろいろなアンテナ
演習問題
付録
演習問題略解
参考文献