ナノテクノロジー基礎シリーズ ナノエレクトロニクス

第一線の研究者が、ナノエレクトロニクスの基礎から最新の成果まで詳しく解説!

このような方におすすめ

(1)大学研究者
(2)企業の研究開発担当者,技術者
  • 著者東京大学 榊 裕之 富士通研究所 横山 直樹 共編
  • 定価4,536 (本体4,200 円+税)
  • A5 350頁 2004/03発行
  • ISBN978-4-274-19719-2
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、「ナノテクノロジー基礎シリーズ」の一巻として、エレクトロニクス分野におけるナノテクノロジーに焦点を当て、特に若い研究者や他分野の技術者が,基礎をしっかり身につけられるよう、ナノ構造を持つデバイスの原理と機能をわかりやすく解説している。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274197192/
1章 序論:ナノテクノロジーとエレクトロニクス
2章 シリコンVLSIの微細化とナノ構造トランジスタ
3章 単電子素子と単一磁束量子素子:原理と機能
4章 通信用超高速トランジスタ
5章 量子井戸と量子ドットのレーザと関連素子応用
6章 ナノ構造による光波制御
7章 GMRとTMR効果:超高密度磁気ディスクとMRAM応用
8章 ナノカーボン材料と有機分子の素子応用
9章 ナノ構造内の量子状態およびスピンの制御と先端素子応用