性能保証に基づく ごみ焼却炉の選定と導入

ごみ焼却炉の正しい選び方と導入方法がわかる!

このような方におすすめ

ごみ焼却炉の導入・更新・運用等に関わる実務者や管理者を主対象とする。
・全国の自治体(県市町村)の環境、廃棄物関係の実務担当者
・コンサルタント業、製造業(ごみ焼却プラントメーカー、環境装置メーカー等)、廃棄物処理業等の業界で、関連業務に携わっている実務者
  • 著者石川 禎昭 編著
  • 定価5,170 (本体4,700 円+税)
  • A5 296頁 2004/04発行
  • ISBN978-4-274-19727-7
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 ごみ問題に社会的関心が集まるなか、現在、多種多様なごみ焼却炉が開発され、一般企業から地方自治体のごみ焼却施設まで幅広く活用されている。

 しかし、ユーザーがもっとも適切な機種を選定するために、各機種を統一的観点で比較・評価するための参考資料はまだ整備されておらず、不十分な情報に基づく不適切な機種選定を余儀なくされているというのが実情である。

 そこで、ごみ焼却施設の立地・環境条件や、焼却ごみ自体の個別特性、運営者の経済的側面等に応じた的確なごみ焼却炉の機種選定と活用方法を体系的にわかりやすく解説する実務書として、本書を刊行する。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274197277/
第1章 ごみ焼却炉の機種と技術評価
第2章 ごみ焼却施設の設計・運営に関わる法規制
第3章 ごみ焼却施設の性能保証と契約
第4章 ごみ焼却炉の機種選定
第5章 ごみ焼却施設の事業運営
付録  関連資料
第1章 ごみ焼却炉の機種と技術評価
 1.1 ごみ焼却炉の型式
 1.2 ごみ焼却炉の機種とその特徴
 1.3 次世代型・燃焼ガス化炉の機種とその特徴
 1.4 灰溶融炉の機種とその特徴
 1.5 ごみ焼却プラントのしくみ

第2章 ごみ焼却施設の設計・運営に関わる法規制
 2.1 ごみ焼却施設の設計・運営管理に関わる法規制
 2.2 ごみ焼却施設の維持管理に関わる法規制
 2.3 公害防止の法規制基準と自己規制値
 2.4 ごみ焼却施設建設のための許認可申請
 2.5 ごみ焼却施設性能指針

第3章 ごみ焼却施設の性能保証と契約
 3.1 ごみ焼却施設の建設の進め方
 3.2 性能発注と発注仕様書(契約書)
 3.3 ごみ焼却炉の瑕疵担保

第4章 ごみ焼却炉の機種選定
 4.1 ごみ焼却炉の機種選定・技術評価と新発注方式
 4.2 新しい機種選定法の代替案
 4.3 新2段階技術評価による機種選定法
 4.4 新1段階技術評価による機種選定法
 4.5 発注方式と建設コスト
 4.6 機種選定事務の進め方

第5章 ごみ焼却施設の事業運営
 5.1 PFI促進法による建設・事業運営
 5.2 廃棄物処理施設の事業運営の進め方
 5.3 運営管理の進め方

付録 関連資料