CSR活用ガイド ―問われはじめた企業の社会的責任―

話題のCSR―その概念や考え方を余すところなく紹介!

このような方におすすめ

○企業・組織の経営層
○企業・組織内で経営企画やマネジメントシステムの構築や運用に関わっている方々
○経営学専攻の学生
○NPO,地域住民,株主,投資家,金融機関等のステークホルダー
  • 著者新興プランテック株式会社 榎本 徹 著
  • 定価2,420 (本体2,200 円+税)
  • A5 192頁 2005/05発行
  • ISBN978-4-274-20070-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 欧米や国内の先進企業で注目を浴びているCSR(Corporate Social Responsibility;企業の社会的責任)。その研究や取組みを行いつつあるが、未だCSRの定義は曖昧であり、馴染みが薄ことは否めない。

 本書は第3のマネジメントシステムとして注目を浴びているCSRについて、その基本的な考え方・取り組み方について、わかりやすく解説した入門書。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274200700/
1 CSRについて −CSRって何だろう−
2 社会はCSRを待っている −CSRが求められている理由−
3 CSRを支える制度と規格 −覚えておきたい自発的活動−
4 CSRとマネジメントシステム −CSRはマネジメントシステム−
4 CSRと社会 −社会がCSRを鍛える−
6 CSRとSRI(社会的責任投資) −社会を変える歴史的な投資制度−
7 CSRの報告に向けて −社会のニーズに報告書で応える−
1 	CSRが最近話題です
2  CSRの定義について
3  CSRとSRやOSRは同じ意味ですか
4  CSRのニーズ
5  CSRとEUの統合化について
6  会社を知ることがCSRを理解することです
7  CSRは企業の寿命を延ばすそうですが
8  CSRはブランド戦略になるのでしょうか
9  国際政治もCSRに期待をかけているそうですね
10  CSRは多国籍企業と途上国の最適化を図るものだと聞きました
11  機会の不平等とはどのようなことでしょうか
12  CSRが調達先の選別に使われているそうですが
13  CSRはコンプライアンスのことでしょうか
14  CSRとはリスクをマネジメントすることでしょうか
15  CSRとコーポレート・ガバナンスについて
16  CSRではグローバル・コンパクトの話が話題になりますが
17  CSRとコー円卓会議
18  CSRとシグマ・ガイドライン
19  CSRと公益通報者保護制度
20  CSRにAA1000規格が有効だそうですね
21  CSRとSA8000規格
22  CSRと人間開発
23  CSRと標準化
24  CSRと国際標準化機構
25  ISOの活動が注目されています
26  CSRとISO90001の関係について
27  CSRとISO14001の関係について
28  CSRとNPO
29  CSRのインセンティブとしての表彰制度
30  SRIの意味について
31  SRIのはじまりについて
32  SRIの商品について
33  CSRと環境報告書
34  CSR報告書の記載項目
35  CSR報告で配慮すべきこと