一級ボイラー技士試験 完全研究

出題傾向をしっかり捉えた、待望の一級ボイラー技士試験対策問題集!

このような方におすすめ

一級ボイラー技士試験の受験者
  • 著者日本ボイラー協会 南雲 健治 著
  • 定価2,420 (本体2,200 円+税)
  • A5 256頁 2005/10発行
  • ISBN978-4-274-20145-5
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 一級ボイラー技士試験は、オフィスビル、工場、病院などで使用するボイラーを取り扱うために必要な国家資格である。

 本書は、一級ボイラー技士試験合格を目指す受験者のために、試験問題をテーマ別に分類した問題集型の受験対策書。テーマごとに重要ポイントを簡潔にまとめ、実践レベルの練習問題に、解答と解説を付して、当試験に合格するために十分な知識をまとめている。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274201455/
1章 ボイラーの構造
2章 ボイラーの取扱い
3章 燃料および燃焼
4章 ボイラーの関係法令
1章 ボイラーの構造
 1-1 熱および蒸気
 1-2 ボイラーの種類と形式
 1-3 主要部分の構造
 1-4 ボイラーの材料,工作および据付け
 1-5 附属品および附属装置
 1-6 ボイラーの自動制御

2章 ボイラーの取扱い
 2-1 ボイラーの運転操作
 2-2 運転中の留意事項
 2-3 運転中の異常とその対策
 2-4 運転停止,石炭だきの点火と埋火
 2-5 附属品および付属装置の取扱い
 2-6 ボイラーの保全と劣化・損傷
 2-7 水管理

3章 燃料および燃焼
 3-1 ボイラーの燃料
 3-2 燃焼
 3-3 燃焼に伴う障害防止と環境保全対策
 3-4 燃焼装置
 3-5 燃焼室,通風および熱管理

4章 ボイラーの関係法令
 4-1 ボイラーの定義と適用
 4-2 製造から使用までの規制
 4-3 管理
 4-4 性能検査,変更,休止および廃止
 4-5 免許,事故報告
 4-6 鋼製ボイラーの附属品に関する規格(抜粋)
 4-7 鋳鉄製ボイラーの構造規格(抜粋)