選び方・使い方 遮断器・開閉器

電気設備の保護に必要な機器の選定と活用のノウハウを具体的に解説!

このような方におすすめ

電気設備の計画・設計・施工・維持管理に携わる若手技術者
  • 著者東芝ソシアルシステム・ファシリティーズ 中島 廣一 編著
  • 定価3,080 (本体2,800 円+税)
  • A5 224頁 2005/11発行
  • ISBN978-4-274-20153-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 電気設備を構成する機器は多岐にわたっているが、配電・機器保護のための開閉・保護機器は、設備の信頼性維持、事故防止・防災の点からも重要な構成要素となっている。

 本書は、ビル・工場の受変電設備を対象に、遮断器・負荷開閉器・断路器等の選定と、メンテナンスを含む使用上の留意点を具体的にまとめた実務入門書である。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274201530/
1章 受変電設備における開閉器・保護機器の役割
2章 高圧遮断器・高圧電磁接触器の選び方・使い方
3章 高圧負荷開閉器の選び方・使い方
4章 電力ヒューズの選び方・使い方
5章 断路器の選び方・使い方
6章 低圧遮断器の選び方・使い方
7章 低圧電磁接触器の選び方・使い方
8章 短絡・地絡電流計算と短絡協調