選び方・使い方 パワーエレクトロニクス機器

電力変換機器の構成・役割と使い方を実務的に解説!

このような方におすすめ

電気設備の設計・施工・維持管理に携わる技術者
  • 著者長門国際特許事務所 山崎 靖夫 著
  • 定価2,860 (本体2,600 円+税)
  • A5 200頁 2006/03発行
  • ISBN978-4-274-20209-4
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、電気設備等の設計・施工・維持管理に携わる技術者を対象に、電力の変換、開閉制御を行うコンバータ、インバータ、チョッパやUPS(無停電電源装置)などの構成と役割、および使い方について、現場実務に役立つことを主眼にまとめた実務書である。

 また、機器を扱う上で問題となっているEMCについて、その対策を含めて具体的に解説した。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274202094/
1章 パワーエレクトロニクス機器と半導体デバイス
2章 コンバータの構成と使い方
3章 インバータの構成と使い方
4章 チョッパの構成と使い方
5章 交流電力調整装置の構成と使い方
6章 アクティブフィルタ、無効電力調整装置および無停電電源装置の構成と使い方
7章 電力変換装置による電磁障害
付録