実務に役立つ 地質図の知識

地質図の活用法を実例を用いてわかりやすく解説!

このような方におすすめ

・土木・建設,環境,災害対策,資源,観光産業に関わる初・中級実務者など
  • 著者産業技術総合研究所 脇田 浩二 地球情報・技術研究所 井上 誠 共編
  • 定価3,630 (本体3,300 円+税)
  • B5 256頁 2006/04発行
  • ISBN978-4-274-20210-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 例えば地震対策などの防災分野をはじめ、地質図から情報を読み取ること、またそれを活用することは、さまざまな産業や研究と深く関わる重要な技術である。

 本書は、地質図を利用する主要な産業分野で、地質図をどのように活用し、それぞれの産業に役立てるかをまとめている。地質図を活用する各ユーザ側の視点から、実務現場の実例を用いて解説している。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274202100/
1章. 地質図の基礎知識
1.1 現実の自然をモデルとして表現する地質図
1.2 研究成果としての地質図
1.3 様々な種類の地質図
1.4 これからの時代のデジタル地質図
2章 建 設
2.1 道路
2.2 橋
2.3 トンネル
2.4 ダム
2.5 建物
3章 防 災
3.1 宅地と盛土
3.2 地滑り メカニズム
3.3 地滑り 地域編
3.4 岩盤崩落
3.5 活構造
3.6 強震度と液状化
3.7 ハザードマップ 土砂災害
3.8 ハザードマップ 火山
4章 環 境
4.1 自然環境
4.2 地盤汚染
4.3 地盤沈下
4.4 地下水と温泉
4.5 建設工事と環境汚染
4.6 鉱山と鉱山跡地
4.7 産業廃棄物処分場
4.8 放射性廃棄物処分場
5章 観 光
5.1 天然記念物
5.2 ジオパークとジオツアー
5.3 トレッキングマップ
6章 地質図の利用と普及