なぜプログラミングができないのか ―イメージとパターンで学ぶJavaプログラミング―

文法だけではプログラミングはできない! その理由がここに・・・

このような方におすすめ

○プログラミングをこれから学ぼうとする方
○プログラミングを囓ったがあまり身につかず,挫折してしまった方
○壁にぶち当たっているようなプログラマー
など
  • 著者羽山 博 著
  • 定価2,640 (本体2,400 円+税)
  • A5 256頁 2006/07発行
  • ISBN978-4-274-20264-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 プログラミングを難しいと感じる人の多くは、文法は理解できるのになかなかプログラミングができないという悩みを抱えている。

 本書は、「プログラミングとは現実の世界をいかに抽象化するかということ」という考えのもと、現実の世界と抽象化されたプログラムの世界を結ぶ「イメージ」と抽象化のさまざまな「パターン」を、できるだけ具体的にていねいに説明する。単なる文法書ではなく、プログラムを作るプロセスが手にとるようにわかる他に類を見ない一冊。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274202643/
序章 	なぜプログラミングができないのか
第1章  変数のイメージ
第2章  代入と演算のイメージ
第3章  条件分岐のイメージ
第4章  繰り返しのイメージ
第5章  配列のイメージ
第6章  クラスのイメージ
序章 	なぜプログラミングができないのか
第1章  変数のイメージ
 1-1  変数のイメージ
 1-2  文法のまとめ
 1-3  練習問題
第2章  代入と演算のイメージ
 2-1  演算のイメージ
 2-2  文法のまとめ
 2-3  練習問題
第3章  条件分岐のイメージ
 3-1  条件分岐のイメージ
 3-2  文法のまとめ
 3-3  練習問題
第4章  繰り返しのイメージ
 4-1  繰り返し処理のイメージ
 4-2  文法のまとめ
 4-3  練習問題
第5章  配列のイメージ
 5-1  配列のイメージ
 5-2  文法のまとめ
 5-3  練習問題
第6章  クラスのイメージ
 6-1  クラスのイメージ
 6-2  文法のまとめ
 6-3  練習問題