工学系のための物理入門

高校までの物理が手にとるようにわかる一冊!

このような方におすすめ

工学部に所属し、共通科目で物理を選択している大学1、2年生
  • 著者近畿大学 米田 昌弘 著
  • 定価2,860 (本体2,600 円+税)
  • A5 288頁 2006/11発行
  • ISBN978-4-274-20328-2
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、工学部の教員が物理を学んでこないまま大学に入学してきた学生にわかりやすく教えるという視点で、ポイントを絞った解説、要点のつかみやすい紙面構成、国家公務員試験の問題を中心とした豊富な問題量を特長として工学部学部生として習得しておくべき物理の基本事項を解説する参考書。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274203282/
1 	静的な力のつり合い
2  等速・等加速度運動
3 仕事とエネルギー
4  遠心力と万有引力
5  コリオリの力
6  ケプラーの法則
7  衝 突
8  簡単な系の振動
9  やや複雑な系の振動
10  剛体の回転運動
11  波の性質
12  弦の振動
13  ドップラー効果
14  気柱の共鳴
15  光の屈折と干渉
16  放射性崩壊と半減期
17  熱伝導
18  気体と熱エネルギー
19  電流がつくる磁界
20  電磁誘導
21  電界と電気力線
22  コンデンサー
23  直流回路
24  交流回路
演習問題解答