考え方・進め方 建築設備の診断とリニューアル

建築設備の診断とリニューアルの現場知識をQ&A形式でわかりやすく解説!

このような方におすすめ

建築設備の診断、維持管理、運用、リニューアルに関わる実務技術者の方
建築設備の省エネルギー設計等に関わる設備設計実務者
ビルオーナーやビル経営に関わる管理者の方
  • 著者日本建築設備診断機構 編
  • 定価3,300 (本体3,000 円+税)
  • A5 258頁 2007/02発行
  • ISBN978-4-274-20370-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 建築ストックと、その性能に関する適正な診断と評価が注目される時代を迎えている。

 本書では、日本建築設備診断機構(JAFIA)の編集により、各種建築設備の診断と、それに続くリニューアル提案に関する実務知識をQ&A形式でわかりやすくまとめている。

 巻末には資料編として各種参考資料をまとめている。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274203701/
第1章 総論
第2章 診断の計画と実施
第3章 リニューアルの計画と実施
トピックス
第1章 総論
  Q1.設備診断の種類にはどのようなものがありますか
  Q2.設備診断の進め方(計画)のポイントは何ですか
  Q3.調査報告書作成上のポイントは何ですか
 ほか,28項目

第2章 診断の計画と実施
  Q29.受変電設備機器の劣化判定はどのように行うのですか
  Q30.変圧器の損失計算はどのように行いますか
  Q31.受変電設備機器の耐震性能について教えて下さい
 ほか,29項目

第3章 リニューアルの計画と実施
  Q58.診断からリニューアルへの手順はどのように行いますか
  Q59.リニューアル計画でのオーナーおよびテナントのニーズにはどのようなものがありますか
  Q60.有効な省エネルギー策は何ですか
 ほか,43項目

トピックス
  Q1.過去にアスベストが使用されていた設備建材には何がありますか
  Q2.フロンの過去と未来は
  Q3.BCP(事業継続計画)について教えて下さい
 ほか,8項目