シリコンフォトニクス ―先端光テクノロジーの新展開―

話題の先端光テクノロジーを基礎からいち早く解説!

このような方におすすめ

○企業・研究機関・大学等のシリコンフォトニクス関係の研究者・開発者
○電子材料やデバイス関係の大学学部学生・院生
  • 著者京都大学 金光 義彦 東京大学 深津 晋 共編
  • 定価4,320 (本体4,000 円+税)
  • A5 302頁 2007/11発行
  • ISBN978-4-274-20477-7
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 シリコンは光デバイス分野でこれまで利用されていなかったが、電子デバイスとの整合性などから実用レベルの発光デバイスの開発が望まれており、最近では研究が大きく進展しようとしている。

 本書は、このシリコンフォトニクスの基礎から研究開発の現状・将来展望についてまとめたもので、本分野の標準的な教科書・参考書となるもの。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274204777/
第1章 シリコンフォトニクス:はじめに
第2章 シリコン光エミッタ
第3章 希土類添加シリコン光エミッタ
第4章 受光素子
第5章 フォトニクス結晶と光制御
第6章 シリコン光導波路とそのデバイス応用
第7章 ビジョンチップ
第1章 シリコンフォトニクス:はじめに
 1.1 半導体シリコンの魅力と新たな挑戦
 1.2 結晶シリコンの光物性:シリコンフォトニクスの基礎
 1.3 ナノ構造における発光増強

第2章 シリコン光エミッタ
 2.1 なぜシリコン光エミッタか?
 2.2 シリコン光源の可能性
 2.3 発光の物理
 2.4 シリコンからの発光
 2.5 シリコン光エミッタ各論
 2.6 まとめ

第3章 希土類添加シリコン光エミッタ
 3.1 シリコン系材料中のエルビウム・イオンからの発光
 3.2 シリコンに添加した希土類イオンの発光メカニズム
 3.3 Erイオンを発光中心とするシリコン新物質
 3.4 Er添加シリコン光エミッタ

第4章 受光素子
 4.1 光の吸収過程
 4.2 一般的な受光素子とSOIおよびGOI利用素子
 4.3 プラズモニクス
 4.4 単電子デバイス(高感度フォトン検出に向けて)
 4.5 単一フォトン検出

第5章 フォトニクス結晶と光制御
 5.1 フォトニクス結晶とは
 5.2 理論解析
 5.3 作製技術
 5.4 PC導波路
 5.5 PC共振器
 5.6 Siフォトニクスにおける点欠陥と線欠陥の応用
 5.7 バルクPCによる負の屈折とデバイス応用
 5.8 Si細線光導波路との比較

第6章 シリコン光導波路とそのデバイス応用
 6.1 シリコン光導波路の特徴とその作製
 6.2 シリコン光導波路の光学非線形
 6.3 シリコン光導波路構造を有する機能デバイス

第7章 ビジョンチップ
 7.1 はじめに
 7.2 CMOSイメージセンサ
 7.3 ビジョンチップの基本構成
 7.4 人工視覚用ビジョンチップ
 7.5 ビジョンチップのバイオテクノロジーへの応用
 7.6 まとめと今後の展開