保護リレーシステム工学

電力系統システムという大系的な面から書き下ろした新版!

このような方におすすめ

大学、大学院の電気電子系学科学生
電気技術者
電力関係従事者
  • 著者大浦 好文 監修/大浦 好文 柳橋 健 長澤 隆士 津久井 良一 中村 知治 辻倉 洋右 尾畑 義雄 渡邊 勝吉 臼井 正司 共著
  • 定価4,180 (本体3,800 円+税)
  • B5判 250頁 2002/03発行
  • ISBN978-4-88686-234-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

前版「保護継電工学」の思想を踏襲し新たに書き下ろした本書は,ディジタルリレー技術の構築、広範囲系統事故波及防止技術の構築等の技術革新が進む中、電力系統の安定供給確保、セキュリテイ確保に大きく貢献してきているリレーシステムについて,最新の理論や技術を網羅的に分かりやすく解説している。今回、電力系統システムという大系的な面から大幅に見直した新版は多くの電気技術者、電力従事者、工学部学生の座右の書となることであろう。

電力系統と保護リレーシステム
保護リレーシステムの基本と保護リレーの種類
電力系統事故現象および事故波及現象
周辺機器の特性
ディジタルリレー
アナログリレー
主な保護リレー
送電線保護
母線保護
機器保護
配電線保護
後備保護
事故波及防止保護
保護リレーシステム形成技術