電気学会大学講座 電気機器工学I(改訂版)

電気機器に対する理解がより一層の深まる!

このような方におすすめ

高専・大学の電気・電子系学科の学生
  • 著者尾本 義一、多田隅 進、山下 英男、山本 充義、米山 信一 著
  • 定価3,300 (本体3,000 円+税)
  • A5 344頁 1987/12発行
  • ISBN978-4-88686-115-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

本書は,1964年の初版発行以来,数多くの大学,高専,企業研修などで幅広く学習されてきた教科書を目次構成や内容などを大幅に見直し改訂したものである。電気機器の基本原理はそもそも変わりようがないが,構造,大容量化,高性能化などで大きく変革した時代に即した学習が出来るよう内容を改めている。また, II巻の「パワーエレクトロニクスと電動機駆動の基礎」と並行して学ぶことにより電気機器に対する理解がより一層の深まることであろう。

総論
直流機
変圧器
誘導機
同期機