3DCGをはじめよう POV-Ray入門

美しいCG制作を目指す人に贈る、3次元CGレンダラー「POV-Ray」の日本語の解説書!

このような方におすすめ

情報系、デザイン系学部の大学生・専門学校生
大学・専門学校などでCGを学び、より理解を深めたい学生
CG検定2級程度を目指す人
きれいな資料の作成をしたい学生・社会人
きれいな教材作成を目指す小中高校教員
CGに興味がある人
  • 著者齊藤 剛 年森 敦子 田代 裕子 共著
  • 定価2,700 (本体2,500 円+税)
  • B5 176頁 2009/07発行
  • ISBN978-4-274-20733-4
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

「POV-Ray」は多くのコンピュータプラットホームで無料で利用できるレイトレーシングソフトで、高校や大学の情報系の科目や専門学校でも3DCGの理解のために導入されている。

 3DCGソフト「POV-Ray」の基本的な操作の理解を通じて3DCGの概念をまとめた解説書である。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274207334/
第0章 はじめに ―3DCGとPOV-Ray―
第1章 POV-Rayを使ってみよう ―POV-Rayで知る3DCGの世界―
第2章 基本的な立体の作成と変換 ―立体の表現と変換,そして操作―
第3章 さまざまな質感を持った立体の作成 ―表面の色,模様そして素材―
第4章 光の効果を利用したCGイメージの生成 ―光と光源,そして大気がつくる現象の利用―
第5章 複雑な形状の作成 ―特徴ある立体の利用―
第6章 プログラミング機能の利用 ―より高度なCGイメージの生成―
第7章 アニメーションの作成 ―3次元モデルを利用したアニメの作成―
第0章 はじめに ―3DCGとPOV-Ray―
 0・1 3次元コンピュータグラフィックスとはなにか
 0・2 POV-Rayとはなにか
 0・3 POV-Rayによる3DCGイメージの例
 0・4 シーンファイルとは
 0・5 POV-Rayのインストール

第1章 POV-Rayを使ってみよう ―POV-Rayで知る3DCGの世界―
 1・1 POV-Rayでのイメージ生成の方法
 1・2 配置の方法―座標による指定―
 1・3 POV-Rayの起動
 1・4 シーンファイルの編集
 1・5 レンダリングの実行―イメージの生成―

第2章 基本的な立体の作成と変換 ―立体の表現と変換,そして操作―
 2・1 基本的な立体の記述法
 2・2 立体の変形:アフィン変換とその利用
 2・3 CSG演算による立体形成

第3章 さまざまな質感を持った立体の作成 ―表面の色,模様そして素材―
 3・1 質感のためのパッケージ―#include文―
 3・2 テクスチャ(texture)
 3・3 定義済みテクスチャ
 3・4 複合テクスチャ
 3・5 レイヤード・テクスチャ

第4章 光の効果を利用したCGイメージの生成 ―光と光源,そして大気がつくる現象の利用―
 4・1 さまざまな光源とその利用
 4・2 光の性質表現
 4・3 大気効果の実現

第5章 複雑な形状の作成 ―特徴ある立体の利用―
 5・1 さまざまな形状
 5・2 特殊な立体
 5・3 多辺形とメッシュ

第6章 プログラミング機能の利用 ―より高度なCGイメージの生成―
 6・1 POV-Rayでのプログラムとは
 6・2 変換と定義
 6・3 変数の宣言と利用
 6・4 繰り返し構造―#while 〜 #end構文
 6・5 二択の条件分岐―#if 〜 #else 〜 #end構文―
 6・6 より細かく分ける条件分岐―#switch 〜 #case 〜 #end構文―
 6・7 マクロの定義と利用
 6・8 配 列

第7章 アニメーションの作成 ―3次元モデルを利用したアニメの作成―
 7・1 POV-Rayとアニメーション
 7・2 POV-Rayに備わっているアニメーションのための機能
 7・3 さまざまな変化の例
 7・4 実際的なアニメーション作成の例
 7・5 Windows ムービーメーカーを利用して動画ファイルを作成する方法