エピソードでたどる パソコン誕生の謎

パソコンとインターネット誕生の謎を解き明かす一冊!

このような方におすすめ

高校生・大学・大学院の学生,技術者,研究者,情報関係者,一般社会人
  • 著者岸野 正剛 著
  • 定価1,760 (本体1,600 円+税)
  • A5 220頁 2010/07発行
  • ISBN978-4-88686-279-2
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

“パソコン”は誰でもが知っている。しかし、パソコン誕生には多くの驚くべきとんでもないエピソードや若者の夢から生まれた技術が含まれている。多くの電子技術はパソコンが世に出る鍵になった。マイクロプロセッサの開発もその一つだ。これなしに現在のパソコン、ケータイ、コンピュータ、そして、インターネットはあり得ない。本書は、インターネット誕生までに生まれた一見難しそうな電子技術の謎とき問答であるが、話は女子大新入生と町の物知り博士の対話の形で流れていくので、若者たちだけでなく多くの一般の読者に違和感なく受け止められるに違いない。

インターネットの生まれた経緯とパソコン誕生までのあらすじ
「電気を発生させる原理」を発見したファラデー
真空管の発明とエレクトロニクス時代の幕開け
真空管のサイズを豆粒以下にしたトランジスタの発明
すべての電子部品を格納したICチップの登場:主役はキルビーとノイス
電気式計算機の発明からプログラム内蔵方式への進化
コンピュータの頭脳すべてをICチップ(シリコン)上に載せたマイクロプロセッサ
若者たちの狂気の夢から生まれたパソコン
マッキントッシュの誕生秘話
まとめおよびインターネットのその後