トランジスタ・集積回路の技術史

トランジスタから超LSIに至った流れを技術とそれを支えた社会的背景を中心に解説!


このような方におすすめ


        
  • 著者久保 脩治 著
  • 定価3,300 (本体3,000 円+税)
  • A5 216頁 1989/07発行
  • ISBN978-4-274-03251-6
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

他分野と同様に、半導体技術は半導体の基礎物性(シード)と人間社会の欲求(ニーズ)との結びつきから生まれている。本書もこの立場で、トランジスタから超LSIに至った流れを技術とそれを支えた社会的背景を中心に一貫して述べている。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274032516/
半導体の黎明期/トランジスタの発明/ゲルマニウムトランジスタ時代/プレーナ形トランジスタへの道/バイポーラトランジスタ以外のデバイス/1950年代の半導体産業/わが国における半導体の初期/集積回路の誕生/バイポーラ集積回路の立上り/集積回路が与えたインパクト/黒船の来航とわが国の対応/MOS形トランジスタの誕生/他