送配電工学(改訂版)

送配電の最新技術や安定供給技術などを新たに加え改訂!

このような方におすすめ

大学、大学院の電気系専攻の学生
電験受験者
  • 著者道上 勉 著
  • 定価3,740 (本体3,400 円+税)
  • A5判 430頁 2003/02発行
  • ISBN978-4-88686-238-9
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

本書は初版発行以来長きにわたり大学等の教科書や電験1・2種を目指す電気技術者などの参考書とし多くの方々に読まれてきた工学書の改訂である。昨今の送配電技術の著しい進歩に即し、UHV送電や500kVケーブル送電などの新技術、制御保護と情報通信、安定供給上の対策、電気設備技術基準など法規改訂に伴うことなどを新たに加え詳しく解説した。学部教科書、電験受験用参考書としマスターされれば高水準の知識が身につくことであろう。

1章 電力系統
2章 送配電系統の電気的特性
3章 架空送電
4章 直流送電
5章 地中送電
6章 配電
7章 電力系統の制御保護と情報通信