パルス電磁エネルギー工学

これからの電磁エネルギー工学を学ぶものにとっての必読書!

このような方におすすめ

高専、大学、大学院の電気電子系学科学生
  • 著者八井 淨 江 偉華 共著
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • A5判 240頁 2002/03発行
  • ISBN978-4-88686-233-4
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

本書は最近、広範囲な分野で応用されているパルスパワーにつき、その発生・制御からエネルギー変換・輸送・計測までをその基礎と応用の面から系統的に著述したものである。この種の解説書はまだあまり世の中に出ていないため、これからこの分野を学ぶ者には必読書になることだろう。基礎的な電磁気学の知識さえあれば容易に本書を理解できるだけでなく、その面白さに引き込まれていくことと思われる。

第1部 パルス電磁エネルギー工学の基礎
     パルス電磁エネルギーについて
     電磁エネルギーーの蓄積と放出
     パルスパワーの整形と制御
第2部 パルス電磁エネルギーの応用技術
     大電力パルス荷電粒子ビームの発生
     高密度アブレーションプラズマの発生と制御
     材料および環境への応用