流体の力学 水力学と粘性・完全流体力学の基礎

基礎から系統立てて解説。各章に例題、演習問題を多数掲載。

このような方におすすめ


        
  • 著者松尾一泰 著
  • 定価3,850 (本体3,500 円+税)
  • A5 296頁 2007/10発行
  • ISBN978-4-274-06970-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

重要な定義や概念、法則、原理、定理などを、具体的にかつ懇切丁寧に説明しています。

固体の運動との対比により、流体の流れが理解できるように配慮しました。

理解を深めてほしい点は[ノート]として補足し、本書の範囲を越える高度な内容や理論式なども紹介。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274069703/
1章 流体の性質
 (流体とは何か 流体の状態量 流体の粘性 流体の圧縮性 他)
2章 静止流体の力学
 (静止流体の圧力 圧力の表し方と単位 圧力の測定 他)
3章 流れの基礎概念と一次元流れの基礎式
 (流れの記述法 流れの分類 流線と流管 他)
4章 ベルヌーイの定理とその応用
 (ベルヌーイの定理 流体のもつエネルギー 全圧と動圧 他)
5章 運動量の法則とその応用
 (運動量の法則の流れに対する適用 流れが管に及ぼす力 他)
6章 管内流れの基礎と流体摩擦損失
 (層流と乱流 レイノルズ数の物理的意味 助走区間の流れ 他)
7章 二次元の定常な層流
 (ハーゲン・ポアズイユ流れ 二次元ポアズイユ流れ 他)
8章 管要素・管路を通る一次元定常流れ
 (管路内の定常で損失等を伴う流れに対するエネルギー式 他)
9章 乱流の特徴と円管内の乱流
 (乱流の特徴 レイノルズ応力  プラントルの混合距離理論 他)
10章 流体の回転運動と渦
 (流体粒子の回転という概念  渦と渦度 他)
11章 完全流体の二次元定常流れ
 (二次元定常流れの連続の式  二次元定常流れの運動方程式 他)
12章 境 界 層
 (境界層の概念 境界層の概要 境界層の厚さ 他)
13章 物体まわりの流れ
 (抗力と揚力 物体の抗力と後流の関係 二次元物体の抗力 他)
14章 次元解析と流れの相似則
 (単位と次元 次元解析 模型と実物の相似条件 他)
15章 水路の流れ
 (水路の流れの概要 断面形状とこう配が一定の水路 他)

演習問題
演習問題解答