ゼロから学ぶ土木の基本 景観とデザイン

学生のうちに土木で重要な『景観とデザイン』の基礎からしっかりマスター!!

このような方におすすめ

土木学科の学生
  • 著者内山 久雄 監修/佐々木 葉 著
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • A5 226頁 2015/03発行
  • ISBN978-4-274-21684-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 イラスト・写真・図などを豊富に用いて、土木工学をわかりやすく解説する「ゼロから学ぶ土木の基本」シリーズの『景観とデザイン』編です。

 本書では、景観における原理・原則をやさしく解説することを主眼に、「そもそも景観をどう評価するの?」「よい眺め、心地よい居場所はどうつくるの?」などの素朴な疑問に答えつつ、デザインの基礎についても学べる構成となっています。 他の科目に比べまだ歴史の浅いといえる景観とデザインですが、ていねいな語意の読み取りを行うことで、学びの意義を実感できるようになっています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274216848/
第1章 どうして土木で景観?
第2章 景観を捉える
第3章 よい眺めをつくるために
第4章 居心地のよい場所をつくるために
第5章 わかりやすく、愛着のもてる地域(まち)をつくるために
第6章 景観の予測と評価
第7章 景観形成のしくみ
第8章 土木のデザインのために
第9章 それぞれの土木デザイン