エネルギー管理士徹底マスター エネルギー総合管理及び法規

エネルギー管理士「エネルギー総合管理及び法規」はこの1冊で!

このような方におすすめ

エネルギー管理士(電気分野・熱分野)の受験者
  • 著者半田 進 著
  • 定価2,530 (本体2,300 円+税)
  • A5 288頁 2015/04発行
  • ISBN978-4-274-21743-2
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 エネルギー管理士試験電気・熱の両分野にまたがる必須基礎課目「エネルギー総合管理及び法規」の受験対策書です。

 各節「テキスト」、「例題」の2部構成とし、「テキスト」部分は、ポイントを吹き出し形式で解説するとともに「出題傾向」、「出題のポイント」を盛り込んでいます。「例題」は実際に出題された問題をベースにしていますので、この1冊で合格に必要な力が身につくような構成となっています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274217432/
1章 エネルギーの使用の合理化等に関する法律
2章 エネルギー情勢・政策,エネルギー概論
3章 エネルギー管理の基本理論
1章 エネルギーの使用の合理化等に関する法律
 1-1 エネルギーの使用の合理化等に関する法律
 1-2 法律の目的
 1-3 定義
 1-4 基本方針
 1-5 エネルギー使用者の努力
 1-6 事業者の判断の基準となるべき事項
 1-7 指導及び助言
 1-8 特定事業者
 1-9 エネルギー管理統括者
 1-10 エネルギー管理企画推進者
 1-11 第一種エネルギー管理工場
 1-12 エネルギー管理者
 1-13 エネルギー管理士免状
 1-14 エネルギー管理者の職務
 1-15 エネルギ―管理員
 1-16 中長期的な計画の作成
 1-17 定期の報告
 1-18 合理化計画に係る指示及び命令
 1-19 第二種エネルギー管理指定工場の指定
 1-20 準用規定
 1-21 特定連鎖化事業者の指定
 1-22 準用規定
 1-23 エネルギー管理者の義務
 1-24 貨物輸送事業者の判断基準
 1-25 特定貨物輸送事業者の指定
 1-26 荷主の努力
 1-27 旅客輸送事業者の判断基準
 1-28 建築物の建築をしようとする者等の努力
 1-29 建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準
 1-30 エネルギー消費機器等製造事業者等の努力
 1-31 エネルギー消費機器等製造事業者等の判断基準
 1-32 報告及び立入検査
2章 エネルギー情勢・政策,エネルギー概論
 2-1 世界のエネルギー情勢
 2-2 エネルギー需給の概要
 2-3 一次エネルギ―供給と最終エネルギー消費
 2-4 部門別エネルギー消費
 2-5 一次エネルギーの動向
 2-6 省エネルギー政策の概要
 2-7 省エネルギー関連予算(補助金)
 2-8 再生可能エネルギー導入
 2-9 長期エネルギー需給見通し
 2-10 エネルギー基本計画
 2-11 地球温暖化防止
 2-12 エネルギーの単位と記号
 2-13 力学エネルギー
 2-14 電磁気エネルギー
 2-15 熱エネルギー
 2-16 化学エネルギー
 2-17 光エネルギー
 2-18 原子力エネルギー
 2-19 電気の使用の平準化(エネルギーの貯蔵)
 2-20 ピーク需要の平準(設備の変更,効率化)
3章 エネルギー管理の基本理論
 3-1 熱エネルギー,温度,圧力
 3-2 圧力
 3-3 熱と熱容量
 3-4 熱と仕事
 3-5 伝熱
 3-6 流体と管路の摩擦
 3-7 送風機,ポンプの特性
 3-8 力と加速度,速度,移動距離,仕事
 3-9 燃焼
 3-10 エネルギー消費原単位,電気需要平準化評価原単位
 3-11 交流理論
 3-12 交流回路の電力
 3-13 発電電力,効率
 3-14 三相誘導電動機
 3-15 照明
 3-16 電気化学