やさしく学ぶ 航空無線通信士試験

「航空通」はこの1冊で!合格のポイントをやさしく解説!

このような方におすすめ

航空無線通信士試験(航空通)の受験者
  • 著者吉村 和昭 著
  • 定価2,860 (本体2,600 円+税)
  • A5 280頁 2016/06発行
  • ISBN978-4-274-21894-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は航空無線通信士(航空通)の試験科目(4科目)すべてについて解説した受験対策書です。

 「無線工学」と「法規」は重要事項を解説した「テキスト」と、「過去問題の解答・解説」の2部構成になっています。「無線工学」は、適宜図を用いながらやさしくていねいに解説しています。「法規」は、試験に出題されている法令の要点をわかりやすく解説しています。「英語」は過去に出題された問題や関連用語などのキーワードの英語と和訳を解説しています。「電気通信術」は、フォネティックコードの解説や実際の出題方法などについて解説しています。

 全体として、適宜、公式、計算のテクニック、覚えるべき重要用語、解法のポイントなどを「吹出し」の形式でわかりやすく示していますので、本書を読み進めていくことにより、航空通の合格に必要な実力を身につけられる構成となっています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274218941/
1編 無線工学
2編 法規
付録
 英語
 電気通信術
1編 無線工学
 1章 電気物理
 2章 電気回路
 3章 半導体
 4章 電子回路
 5章 通信方式
 6章 送信機
 7章 受信機
 8章 電波航法と航法無線装置
 9章 電源
 10章 空中線及び給電線
 11章 電波伝搬
2編 法規
 1章 電波法の概要
 2章 無線局の免許
 3章 無線設備
 4章 無線従事者
 5章 運用
 6章 業務書類等
 7章 監督
 8章 国際法規
付録
 1章 英語
 2章 電気通信術