Docker

コンテナツールの標準としての地位が確立されたDockerの総合解説書!

このような方におすすめ

開発者が読んでも役に立つ内容ですが、インフラ寄りの解説が充実しており、主にインフラエンジニアが対象
  • 著者Adrian Mouat/Sky株式会社 玉川 竜司 訳
  • 定価3,960 (本体3,600 円+税)
  • B5変 384頁 2016/08発行
  • ISBN978-4-87311-776-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

Dockerを活用するために求められる知識・技術を総合的に解説した書籍です。単純なコマンドのDockerの解説書はかなり出版されていますが、本書はセキュリティやモニタリングと行った運用面まで踏み込んだ内容で、現実に開発から運用までDockerを活用する上で役立ちます。


    
訳者まえがき
はじめに

I部 背景と基本

1章 コンテナとはなにか、そしてなぜ注目されているのか
1.1 コンテナとVM
1.2 Dockerとコンテナ
1.3 Dockerの歴史
1.4 プラグインと結線
1.5 64bit Linux

2章 インストール
2.1 LinuxへのDockerのインストール
2.1.1 permissiveモードでのSELinuxの実行
2.1.2 sudoを使わない実行
2.2 Mac OSやWindowsへのDockerのインストール
2.3 クイックチェック

3章 はじめの一歩
3.1 初めてのイメージの実行
3.2 基本のコマンド群
3.3 Dockerfileからのイメージの構築
3.4 レジストリでの作業
3.4.1 プライベートリポジトリ
3.5 Redisの公式イメージの利用
3.6 まとめ

4章 Dockerの基礎
4.1 Dockerのアーキテクチャ
4.1.1 基盤の技術
4.1.2 周辺の技術
4.1.3 Dockerのホスティング
4.2 イメージの構築
4.2.1 ビルドコンテキスト
4.2.2 イメージのレイヤ
4.2.3 キャッシュ
4.2.4 ベースイメージ
4.2.5 Dockerfileの命令
4.3 外界とのコンテナの接続
4.4 コンテナのリンク
4.5 ボリュームとデータコンテナを使ったデータの管理
4.5.1 データの共有
4.5.2 データコンテナ
4.6 Dockerの一般的なコマンド
4.6.1 runコマンド
4.6.2 コンテナの管理
4.6.3 Dockerの情報
4.6.4 コンテナの情報
4.6.5 イメージの扱い
4.6.6 レジストリの利用
4.7 まとめ

II部 Dockerのあるソフトウェアライフサイクル

5章 開発でのDockerの利用
5.1 "Hello World!"
5.2 Composeを使った自動化
5.2.1 Composeのワークフロー
5.3 まとめ

6章 シンプルなWebアプリケーションの作成
6.1 基本的なWebページの作成
6.2 既存のイメージの利用
6.3 キャッシュの追加
6.4 マイクロサービス
6.5 まとめ

7章 イメージの配布
7.1 イメージとリポジトリのネーミング
7.2 Docker Hub
7.3 自動化ビルド
7.4 プライベートな配布
7.4.1 独自のレジストリの運用
7.4.2 商用のレジストリ
7.5 イメージサイズの削減
7.6 イメージの起源
7.7 まとめ

8章 Dockerを使った継続的インテグレーションとテスト
8.1 identidockへのユニットテストの追加
8.2 Jenkinsコンテナの作成
8.2.1 ビルドの実行
8.3 イメージのプッシュ
8.3.1 信頼できるタグ付け
8.3.2 ステージングと実働環境
8.3.3 イメージの散乱
8.3.4 Dockerを使ったJenkinsのスレーブのプロビジョニング
8.4 Jenkinsのバックアップ
8.5 ホストされたCIソリューション
8.6 テストとマイクロサービス
8.6.1 実働環境でのテスト
8.7 まとめ

9章 コンテナのデプロイ
9.1 Docker Machineを使ったリソースのプロビジョニング
9.2 プロキシの利用
9.3 実行オプション
9.3.1 シェルスクリプト
9.3.2 プロセスマネージャの利用(もしくはsystemdでまとめて管理)
9.3.3 設定管理ツールの利用
9.4 ホストの設定
9.4.1 OSの選択
9.4.2 ストレージドライバの選択
9.5 専門のホスティングの選択肢
9.5.1 Trition
9.5.2 Google Container Engine
9.5.3 Amazon EC2 Container Engine
9.5.4 Giant Swarm
9.6 永続化データとプロダクションコンテナ
9.7 秘密情報の共有
9.7.1 秘密情報のイメージへの保存
9.7.2 環境変数での秘密情報の受け渡し
9.7.3 ボリュームでの秘密情報の受け渡し
9.7.4 キーバリューストアの利用
9.8 ネットワーキング
9.9 プロダクションレジストリ
9.10 継続的デプロイメント/デリバリ
9.11 まとめ

10章 ロギングとモニタリング
10.1 ロギング
10.1.1 Dockerでのデフォルトのロギング
10.1.2 ログの集約
10.1.3 ELKを使ったロギング
10.1.4 syslogを使ったDockerのロギング
10.2 rsyslogへのログのフォワード
10.2.1 ファイルからのログの取得
10.3 モニタリングとアラート
10.3.1 Dockerのツールでのモニタリング
10.3.2 cAdvisor
10.3.3 クラスタのソリューション
10.4 モニタリング及びロギングの商用ソリューション
10.5 まとめ

III部 ツールとテクニック

11章 ネットワーキングとサービスディスカバリ
11.1 アンバサダー
11.2 サービスディスカバリ
11.2.1 etcd
11.2.2 SkyDNS
11.2.3 Consul
11.2.4 登録
11.2.5 その他のソリューション
11.3 ネットワーキングの選択肢
11.3.1 ブリッジ
11.3.2 ホスト
11.3.3 コンテナ
11.3.4 なし
11.4 Dockerの新しいネットワーキング
11.4.1 ネットワークのタイプとプラグイン
11.5 ネットワーキングのソリューション
11.5.1 Overlay
11.5.2 Weave
11.5.3 Flannel
11.5.4 Calicoプロジェクト
11.6 まとめ

12章 オーケストレーション、クラスタリング、管理
12.1 クラスタリングとオーケストレーションのツール
12.1.1 Swarm
12.1.2 fleet
12.1.3 Kubernetes
12.1.4 MesosとMarathon
12.2 コンテナ管理のプラットフォーム
12.2.1 Rancher
12.2.2 Clocker
12.2.3 Tutum
12.3 まとめ

13章 セキュリティとコンテナに対する制限
13.1 要注意事項
13.2 防御の詳細
13.2.1 最小限の権限
13.3 Identidockをセキュアにする
13.4 ホストによるコンテナの分離
13.5 更新の適用
13.5.1 サポートされていないドライバの回避
13.6 イメージの起源
13.6.1 Dockerダイジェスト
13.6.2 Dockerのcontent trust
13.6.3 再現性と信頼性のあるDockerfile
13.7 セキュリティに関するtips
13.7.1 ユーザーの設定
13.7.2 コンテナのネットワーキングの制限
13.7.3 setuid / setgidバイナリの削除
13.7.4 メモリの制限
13.7.5 CPUの制限
13.7.6 再起動の制限
13.7.7 ファイルシステムの制限
13.7.8 ケーパビリティの制限
13.7.9 リソース制限の適用(ulimit)
13.8 強化カーネルの利用
13.9 Linuxのセキュリティモジュール
13.9.1 SELinux
13.9.2 AppArmor
13.10 監査
13.11 インシデントレスポンス
13.12 将来の機能
13.13 まとめ

付録A 原書刊行後のアップデート
A.1 「バッテリ内蔵」の拡大
A.2 Docker for Mac/Windows
A.2.1 Docker for Mac
A.2.2 Docker for Windows
A.3 Swarm mode
A.3.1 Swarm modeの概要
A.3.2 小規模なクラスタの構築とWebサーバーサービスのデプロイ
A.3.3 クラスタの構築
A.3.4 サービスのデプロイ
A.3.5 ingressオーバーレイネットワークの確認
A.4 Docker for AWS/Azure
A.5 Docker CloudとDocker Datacenter
A.5.1 Docker Cloud
A.5.1 Docker Datacenter

索引
Dockerコマンド
Dockerfile命令
用語