初心者のための 鉄筋コンクリート建築の構造計算(改訂版)

構造全体の把握から細部の計算まで、図・表を多用して平明に解説。[SI単位]+[新規準]対応版

このような方におすすめ


        
  • 著者佐藤 哲 著
  • 定価2,860 (本体2,600 円+税)
  • A5 240頁 1990/08発行
  • ISBN978-4-274-05053-4
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

鉄筋コンクリート造の構造計算は、耐震構造の時代にあって格段に複雑なものになっています。

本書は,主要な項目には適切な[例題]を掲げて懇切な解答を付し,さらに[練習問題]により構造計算の実力が養成できるよう配慮してあります。

SI単位化にともなう建築基準法の改正,構造計算規準の改訂に準拠した改訂版です。

初めて構造計算を学ぶ方,計算業務に携わる技術者・現場管理者の参考書としておすすめ。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274050534/
1章 構造計算を始めるまえに
2章 応力計算
3章 断面算定
4章 二次設計
5章 鉄筋コンクリート建築の構造計算例
1章 構造計算を始めるまえに
 1・1 構造計算とは
 1・2 建築物に作用する荷重と外力
 1・3 構造材に生ずる力(応力)
 1・4 構造計算を要する部材等
 1・5 鉄筋コンクリート構造

2章 応力計算
 2・1 応力計算に必要な基本的事項
 2・2 鉛直荷重が作用する場合の応力計算
 2・3 水平力が作用する場合の応力計算
 2・4 力の組合せ

3章 断面算定
 3・1 断面算定とは
 3・2 はりの断面算定
 3・3 柱の断面算定
 3・4 付着および継手の算定
 3・5 定着の算定
 3・6 小ばりの断面算定
 3・7 床スラブの断面算定
 3・8 耐震壁の断面算定
 3・9 基礎の設計

4章 二次設計
 4・1 二次設計を必要とする建築物
 4・2 層間変形角θ
 4・3 剛性率Rs
 4・4 偏心率Re
 4・5 保有水平耐力

5章 鉄筋コンクリート建築の構造計算例
 §1 一般事項
 §2 準備計算
 §3 応力算定
 §4 部材断面算定
 §5 小ばり,スラブの設計
 §6 基礎の設計
 §7 二次設計
 §8 構造図

索引