救急超音波ポケットマニュアル

必要最小限をまとめた急性期エコー検査の入門書

このような方におすすめ

診療放射線技師,研修医,看護師,臨床検査技師
  • 著者藤枝市立総合病院 秋山 敏一 著
  • 定価2,970 (本体2,700 円+税)
  • 新書 250頁 2019/12発行
  • ISBN978-4-274-22133-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 エコー検査は、すぐれた非侵襲性検査であり、腹部、乳房、産婦人科でよく使われていましたが、ポータブルエコーの開発・普及、プローブの高性能化等々により救急分野や整形外科でも積極的に使用されるようになってきました。

 特に救急分野では、いつでもどこでも繰り返し検査が可能であり、今後さらに普及のすそ野が広がりそうです。また、重要所見の有無に絞って短時間に行うポイントオブケア(point-of-care)エコーが広がりつつあり、最新の救急分野のエコー検査をまとめた一冊です。なお本書は、救急の際のエコー検査が中心ですが、急性期の一次診断として使用されるエコー検査も考慮した構成になっています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274221330/
第1章 基礎
第2章 外傷
第3章 ショック
第4章 心臓
第5章 急性期
第6章 体表エコー