粉じん爆発・粉体火災の安全対策 −基礎から実務まで−

日本粉体工業技術協会が責任を持ってまとめる国内唯一の書

このような方におすすめ

○協会会員各社の技術者
○メーカーの安全対策技術者
○化学系メーカーの技術者
○安全管理担当者
  • 著者日本粉体工業技術協会 粉じん爆発委員会 監修
  • 定価7,150 (本体6,500 円+税)
  • A5 550頁 2019/08発行
  • ISBN978-4-274-22334-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 粉じんの爆発災害と粉体の火災に対して、その発生機構から実務現場での具体的な対応までをまとめた書籍です。

 2006年に発行した「粉じん爆発・火災対策」と、2009年に発行した「実務者のための粉じん爆発・火災安全対策」の内容を元に、章立てを分かりやすく整理するとともに、最新の情報を多数盛り込んでいます。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274223341/
第1編 基礎編	第1章	粉じん爆発・火災の発生状況と事故災害事例
第2章 可燃物の着火・燃焼・爆発現象
第2編 実務編 第1章 粉体の着火・燃焼特性と試験方法
第2章 粉体の爆発・火災対策の基本
第3章 静電気の発生機構と着火性放電発生防止対策
第4章 対策の具体例
第5章 リスクアセスメント
第3編 管理編 第1章 安全・安心のガイドライン
第2章 取り組み事例紹介
第4編 参考資料編 第1章 粉じん爆発の事故防止・安全に関する法規と規格