電気学会誌 2019年04月号

電気に関する最新の話題を,分かりやすく! 読みやすく!

このような方におすすめ

電気や,電気に関連するさまざまな事柄に興味をいだいて下さる方々
  • 著者
  • 定価2,700 (本体2,500 円+税)
  • A4 82頁 2019/04発行
  • ISBN
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

電気学会が網羅する,広範囲な電気工学分野の最新の話題を,

分かりやすく読みやすく親しみやすく掲載し,読者

の知的好奇心を満たすことを目的に発刊している。掲載している記事のジャンルは,「特集」「解説」「取材」「技術探索」「学生のページ」等で,幅広い年齢層にも興味を持って読んでもらえるよう工夫を凝らしている。

【随想】ベトナムで新しい大学院をつくる(三村信男)

【十見百聞】島津製作所 創業記念資料館を訪ねて〜源遠く流れ長し〜(伊藤陽介,小林哲生,上田博之,浪田和樹)

【特 集】将来の電力需給調整サービスに向けた技術開発と標準化の現状と今後
1.国内外の電力需給調整サービスのあり方(田中晃司)
2.需要家電力資源の特徴を活かした電力需給調整のユースケース(中村正雄)
3.電力需給調整に関するステークホルダを連携させる情報モデルと国際標準(田中立二)
4.電力需給調整サービスのための通信・セキュリティ要件(水野 修)
5.需要家電力資源による電力需給調整とこれを実装するシステム仕様のあり方(小林延久)

【解 説】ICTと機能性野菜〜栽培環境を制御し野菜の成分を増やす・減らすことで多様なニーズに対応〜(小川敦史)

【技術探索】電力・エネルギーの地産地消コミュニティモデル(泉井良夫)

【コーヒーブレイク】迂闊と思い込み(豊田 充)

【学生のページ】でんきの礎を訪ねて─秋葉原電気街─(田尻航太,小笠原啓太,川畑待耶,井組裕貴)

【支部のページ 東海支部・九州支部】
東海支部における地域貢献活動紹介〜名古屋大学パワーエレクトロニクス研究室の活動事例〜
九州支部における最近の活動状況〜電気・情報関係学会九州支部連合大会〜