メイカーとスタートアップのための量産入門 200万円、1500個からはじめる少量生産のすべて

趣味のものづくりをビジネスにするための実践的な知識を紹介!

このような方におすすめ

ハードウェアスタートアップ関係者(予備軍含む)、Maker Faire Tokyoの出展者などハードウェア技術愛好家、製造業の新入社員・大学・高専の学生など
  • 著者小美濃 芳喜 著
  • 定価2,484 (本体2,300 円+税)
  • A5 240頁 2019/08発行
  • ISBN978-4-87311-884-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

ArduinoやRaspberry Pi、micro:bitなどの安価なプロトタイプツールによって、個人でも高機能、高品質のプロトタイプが作れるようになってきました。そういった個人の中には、プロトタイプを元に製品化し、ビジネスにしたいと考える人も多いのですが、資金集めにはじまり、工場での量産、宣伝・販売など多くのハードルがあります。本書は、著者の40年間の経験をもとに、プロトタイプを元に量産化までこぎつけ、ビジネスとして成立させるためのノウハウを紹介します。


    
はじめに

序章 失敗しないスタートアップのために
この本の内容
商品化の手順について
おことわり

1章 アイデアを形にするまで
そろそろスマホをやめませんか?
過去の電子部品を使う
マーケットから見たアイデア
社会貢献と志(こころざし)
[COLUMN] B to BとB to C

2章 プロトタイプを作る
プロトタイプの活用法
設計のセオリー
「試作屋さん」や「モック屋さん」の力を借りる

3章 企画立案
どこで作るか? ー工場の選定ー
中国工場もいろいろ
OEM生産は外せない
OEM 会社への見積依頼
AQLについて考える
企画書の書き方
企画会議の対応策
[COLUMN] ブローカーには注意
[COLUMN] 春節はめでたいだけじゃない

4章 発注
部品表、見積とブレイクダウン
POの発行
必要書類について知る
円相場と為替
海外送金について
[COLUMN] かつてはこんなこともありました

5章 量産化 −その1. 金型−
金型入門I ー初級編ー
金型入門II ー工法ー
金型入門III ー樹脂成型ー
[COLUMN] 便利なものづくり業界の専門用語

6章 量産化 −その2. 電子部品−
量産設計 ー電子回路図、機構ポンチ絵の描き方ー
電子回路の基礎 ー回路図では読めない抵抗や損失ー
プリント基板(PCB)の話
[COLUMN] レジスト版とシルク版

7章 出張の意義
初めての中国出張
生産ラインの実態
T1直後、出張前に行っておくべきこと
出張中の作業
出張中、最低限解決しておくべきこと
出張の締め
中国ではごはんが大事
出荷と輸出入
[COLUMN] ひと昔前の移動はひどかった
[COLUMN] お蔵入りの手直しライン(ここだけの話)
[COLUMN] 大岡裁き「三方一両損」
[COLUMN] 昼食時の心得

8章 安全への配慮と知的財産
安全・安心から見た設計 
安全のための法規や規制について
知的財産権とコピー品

9章 少量生産の極意
高付加価値のものづくり
大量生産から少量生産へ
商品を市場に出す
海外生産失敗談

サイドストーリー
発進! 「ツインドリル ジェットモグラ号」
第1話 アイデアは風に乗って
第2話 見積依頼
第3話 トラブルは突然に
第4話 中国で最終チェック

付録 関連文書見本
あとがき