分野をまたいでつながる高校物理

高校物理で学ぶ力学・熱力学・波動・電磁気を分野横断的に読み解く!

このような方におすすめ

物理好きの学生および社会人、理系に進学希望の高校生、物理教員
  • 著者三澤 信也
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • A5 304頁 2019/10発行
  • ISBN978-4-274-50747-2
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、高校物理を新しい視点で再学習するものです。具体的には、指導要領的な従来の「分野(力学・熱力学・波動・電磁気など)ごとの学習」を脱し、分野を超えて活用できる解法、考え方を通して、高校物理を再学習します。

 分野ごとに分断された高校物理を分野横断的に学び直すことで、分野間につながりが生まれて新しい全体像が構築され、本質に一歩近づくことができると考えています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274507472/
第1部 物理と数学
 1章 ベクトルの作図を活用する
 2章 グラフと微積分を活用する
 3章 近似式を活用する
第2部 物理の視座 
 4章 視点を転換する
 5章 規則性を発見する
・はじめに


第1部 物理と数学

 1章 ベクトルの作図を活用する
  1-1 2次元衝突 運動量をベクトルで表す
  1-2 剛体のつりあい 力をベクトルで表す
  1-3 ドップラー効果 速度成分をベクトルで表す
  1-4 波の合成 変位をベクトルで表す
  1-5 交流回路 電流・電圧を回転するベクトルで表す
  1-6 磁場中を運動する荷電粒子 速度成分をベクトルで表す

 2章 グラフと微積分を活用する
  2-1 力学のグラフ x−t グラフとv−tグラフで運動を表す
  2-2 熱力学のグラフ P−Vグラフで状態を表す
  2-3 波動のグラフ y−xグラフとy−tグラフで変位を表す
  2-4 電磁気のグラフ(1) Q−tグラフとI−tグラフで電気量を表す
  2-5 電磁気のグラフ(2) V−xグラフとE−xグラフで電位差を表す

 3章 近似式を活用する
  3-1 力学の近似式 力学現象を近似して考える
  3-2 熱力学の近似式 ポアソンの式を近似で表す
  3-3 波動の近似式 ドップラー効果や光路差を近似で表す
  3-4 電磁気の近似式 回路内の仕事を近似で表す


第2部 物理の視座
 
 4章 視点を転換する
  4-1 複数物体の運動と相対速度 動くものの視点で考える
  4-2 慣性力と見かけの重力(1) 加速度運動するものの視点で考える
  4-3 慣性力と見かけの重力(2) 電場と磁場における座標軸を考える
  4-4 いろいろな運動と重心の視点 複数物体の重心の視点で考える
  4-5 特殊な座標軸 斜めの座標軸や曲がった座標軸で考える

 5章 規則性を発見する
  5-1 衝突の規則性 運動量の和を考える
  5-2 振動の規則性 未来の波形を考える
  5-3 磁場中の荷電粒子の運動の規則性 ローレンツ力による円運動を考える
  5-4 コンデンサーの電荷の変化の規則性 スイッチ切り替え後の電荷を考える


・あとがきに代えて/各章のあらすじ
・索 引