Pythonでつくる対話システム

Pythonで対話型のシステムをつくろう!

このような方におすすめ

(1)対話システムを実装したいエンジニア、日曜プログラマ
(2)ロボットやゲームなどの、対話システムに関連する幅広い分野に携わるエンジニア、研究者
  • 著者東中 竜一郎・稲葉 通将・水上 雅博 共著
  • 定価2,970 (本体2,700 円+税)
  • A5 260頁 2020/02発行
  • ISBN978-4-274-22479-9
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量
発売日 : 2020年03月02日
◆予約受付中 発売後に発送します 
発売日 : 2020年03月02日◆予約受付中 発売後に発送します

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 近年、しゃべってコンシェル(NTTドコモ)やSiri(Apple)、Alexa(Amazon)などの音声対話アプリケーションや対話型のデジタルサイネージ、Sota(ヴイストン、NTT、NTTデータ)などのコミュニケーションロボット、電話自動応答など、人工知能技術を活用した知的対話型のアプリケーションが広く世の中に浸透しつつあります。

 本書は、このような人と自然言語で対話するシステム(対話システム)の作り方をハンズオン的に解説するものです。プログラミングしながら、ツールを使いながら、対話システムの開発を体験します。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274224799/
第1章 対話システムをつくるにあたって
第2章 タスク指向型対話システム
第3章 非タスク指向型対話システム
第4章 Amazon alexa/Google homeへの実装
第5章 発展的な話題