マンガでわかる管理会計 はじめてでもわかる儲けのからくり

経営をよくする管理会計のしくみと基本が、マンガで楽しくわかる!

このような方におすすめ

◎見積書や予算の作成などを担当している人
○営業・販売部の人
○企業で部長以上のクラスに属する人
○商品企画に携わる人
○現状より利益を上げたいと考えている会社員(経営者)
  • 著者原 尚美 著 鎌尾こんぶ 作画 ウェルテ 制作
  • 定価2,200 (本体2,000 円+税)
  • A5 200頁 2020/06発行
  • ISBN978-4-274-22530-7
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、パパの経営する和菓子会社の経営改善のために、会計事務所の百合先生に管理会計を学びながら奮闘する女子高生・桃ちゃんの成長を通して、管理会計を楽しく学ぶ入門書です。

 管理会計とは、会社のありのままの状態を把握し、収益やコストの構造を分析することで、会社の「未来の見通し」を立てる際の拠り所となる会計です。一方、対義となる財務会計は、会社経営の成果を振り返り、株主、債権者、投資家、取引先などの外部へ会社の財務状況を明らかにするための会計です。

 経営者は、管理会計による会計情報をもとにして意思決定を行ったり、新規事業に投資したり、業績改善のための施策を講じたりします。適正な経営の意思決定を行ったり、労務管理上の業績評価を行うためには、自社に最も適している管理会計システムを構築していく必要がありますが、どのようなシステムを構築するかは、業態により、会社により様々です。

 本書は、初心者にもわかりやすい解説と記述にこだわり、売上、利益、コストなどの基礎知識から、赤字に見えるが黒字の商品の見分け方や赤字事業からの撤退のタイミングなど、実践的に学ぶことのできるようになっています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274225307/
1章 管理会計で意思決定する	
2章 損益分岐点分析の基本を知る
3章 管理会計で現状を分析する
4章 管理会計でコストダウンする
5章 管理会計で新規事業を検討する