電気学会誌 2021年07月号

電気に関する最新の話題を,分かりやすく! 読みやすく!

このような方におすすめ

電気や,電気に関連するさまざまな事柄に興味をいだいて下さる方々
  • 著者
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • A4 114頁 2021/07発行
  • ISBN
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

電気学会が網羅する,広範囲な電気工学分野の最新の話題を,

分かりやすく読みやすく親しみやすく掲載し,読者

の知的好奇心を満たすことを目的に発刊している。掲載している記事のジャンルは,「特集」「解説」「取材」「技術探索」「学生のページ」等で,幅広い年齢層にも興味を持って読んでもらえるよう工夫を凝らしている。

*主要目次:

【随 想】知的好奇心と探求心の喚起(坂本禎智)

【会長演説】連携と総合力でグローバルな課題に取り組む!─ポストコロナ社会での活動とカーボンニュートラルへの貢献─(大崎博之)

【十見百聞】東京メトロ総合研修訓練センターを訪ねて(岩尾 徹,森下穂香,任 振威)

【特 集】メディアアートへの招待─テクノロジー×アートの最前線─
1.メディアアートは,なぜそう呼ばれるのか?─その源流を遡る─(久保田晃弘)
2.テクノロジー×アートでデザインする未来(スプツニ子!)
3.ナンセンスマシーンの開発と社会実装〜明和電機のマスプロ芸術〜(土佐信道)
4.Air on Air:空気でオンラインとオンサイトを繋ぐ参加型インスタレーション(筧 康明)

【解 説】無線式列車制御システムの技術動向と展望(馬場裕一,宮林直樹)

【コーヒーブレイク】カタカナ語(仁田旦三)

【学生のページ】微細化の進むメモリ生産に迫る(田中宏樹,神谷淳文,大村愛花,村松久圭)

【支部のページ 関西支部・中国支部】
関西支部における最近の活動状況 令和2年電気関係学会関西連合大会
中国支部「高専研究発表会」について