大規模停電の記録 電力系統の安全とレジリエンス

電力会社、海外電力調査会、電力中央研究所、大学教授による、大規模停電に関する初の技術書      ※技術者でない一般の方でも大要が理解できるよう、必要に応じて用語説明を加えています

このような方におすすめ

電力会社、大学、関係学会・行政機関(中央官庁、自治体)、電機メーカー、ゼネコン、電気保安協会、電気工事会社、大病院、介護施設
  • 著者大規模停電の記録編集委員会
  • 定価4,840 (本体4,400 円+税)
  • A5 296頁 2021/08発行
  • ISBN978-4-274-22744-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 個々の停電に関する国の報告書や、第三者的立場の人が書いた読みもの本はこれまでにいくつか出ていますが、国内外の大規模停電事故を集めて技術解説したものはありません。

 本書では、大規模停電の事故概要と発生原因および対策、そして今後、電気設備の損傷による大規模停電を発生させないために、どのようにシステムを発展させていくべきか、などについて解説しています。             

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274227448/
第1章 系統構成と停電発生原因 

第2章 自然災害に起因した大規模停電       

第3章 電力システムに起因した大規模停電 
  
第4章 海外の大規模停電 

第5章 大規模停電を起こさないために―これからの電力システム
【事例】

雪害による大規模停電
 ・郡山(1980年)
 ・新潟(2005年)

阪神・淡路大震災による大規模停電(1995年) 

東日本大震災による大規模停電(2011年)  

雷害による幸田碧南線ルート断事故での大規模停電(2016年) 

北海道ブラックアウト(2018年) 

台風による大規模停電 
 ・台風21号(2018年)
 ・台風15号(2019年) 

御母衣事故による大規模停電(1965年) 

首都圏大規模停電(電圧崩壊)(1987年) 

独立系統における大規模停電(1988年) 

負荷供給系統事故による大規模停電  
 ・南狭山線事故(1999年)
 ・江東線事故(2006年)
 ・新座洞道火災事故(2016年)

海外の大規模停電
 ・アメリカ北東部大停電(1965年)
 ・ニューヨーク大停電(1977年)
 ・フランス大停電(1978年)
 ・ベルギー大停電(1982年)
 ・スウェーデン大停電(1983年)
 ・北アメリカ大停電(2003年)
 ・イタリア大停電(2003年)
 ・ハリケーン・サンディ(アメリカ)による大停電(2012年)
 ・ロンドン大停電(2019年)