Googleのソフトウェアエンジニアリング 持続可能なプログラミングを支える技術、文化、プロセス

Googleが強大な成果を生み出す源泉を理解し、組織に活かす!

このような方におすすめ

・ソフトウェアエンジニア、エンジニアリングマネージャー・Googleの組織づくりに関心のある人
  • 著者竹辺 靖昭 監訳/Titus Winters、Tom Manshreck、 Hyrum Wright 編/久富木 隆一 訳
  • 定価4,840 (本体4,400 円+税)
  • B5変 684頁 2021/11発行
  • ISBN978-4-87311-965-6
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

現役のGoogleのエンジニアたちが、その姿勢から具体的なプロセスに至るまで、ソフトウェアエンジニアリングに関するすべての知見をこの1冊に凝縮。時間と変化、規模と成長、トレードオフとコストという3つの基本原理に沿って、コードを持続可能にするにはどうすればよいかを紐解いていきます。組織マネジメント論や認知心理学を背景にした人間に対する深い洞察、Googleらしいデータ駆動や論理に基づく決定プロセスがなぜそのように至ったかまでを理解できます。