電力セキュリティ エネルギー安全保障がゼロからわかる本

再エネの急拡大、そして原子力の在り方が議論される今、エネルギーの「セキュリティ」を考える

このような方におすすめ

電力(電気)・エネルギー・環境分野に関わっている人、エネルギー問題に関心のある人、行政機関、学生
  • 著者市村 健 著
  • 定価2,420 (本体2,200 円+税)
  • A5 184頁 2022/03発行
  • ISBN978-4-274-22840-7
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 「セキュリティ」という単語は、安全、保障、防護などの意味を持つ言葉ですが、電力・エネルギー分野におけるセキュリティは、変化する社会情勢に左右されることなく、エネルギーを安定的に、環境に優しく、かつ適切な価格で供給できるよう確保することです。

 本書では、エネルギーセキュリティの考え方といった基礎的なことから、エネルギー政策の変遷を、温暖化対策を軸に紐解くとともに、今後、一層の躍動が期待される新技術の動向などについて体系立てて説明し、2050年ゼロエミッションに向けたエネルギーセキュリティについて、どこよりもわかりやすく紹介します。                       〈有馬 純×市村 健 対談収録〉

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274228407/
■ Prologue 3E+Sの最適解を求めて

■ 1章 エネルギー政策基本法成立から20年

■ 2章 2050ゼロエミッション−京都議定書とパリ協定から読めるメッセージ

■ 3章 エネルギー安全保障に資する脱炭素の切り札はあるのか

■ 4章 対談 有馬 純× 市村 健 「ニッポンの電力危機を回避せよ!未来への提言」 

■ Epilogue 導かれる解